目尻切開のダウンタイム

目尻切開のダウンタイムを説明しているページです。
症状や注意点などを紹介しています。

HOME » 大人の色気を演出・目尻切開のすべて » 目尻切開のダウンタイム

【徹底解剖】目尻切開法ダウンタイム

腫れや内出血を少しでも早く治したい!

目尻切開は整形手術の中でもダウンタイムが短くてすむプチ整形で人気です。でも切開手術なので、ほんの少しではあるもののメスを使って目尻を切開する必要があります。そこで気になるのが切開部分の腫れや内出血などのダウンタイム。実際のところ、目尻切開をするとどれくらい痛みや腫れが続くでしょうか?手術をした後に気を付けることは?それぞれの症状のダウンタイム、そしてダウンタイムの過ごし方についても紹介します。ダウンタイムを短くするポイントもわかりますよ!

腫れ・内出血・痛み

  • 腫れ
    目尻切開の後に腫れが出ることはほとんどありません。しかし手術で使う麻酔の種類や、手術当日の体調によって軽度の腫れやむくみが生じる可能性もあります。
    腫れが出たとしても3~5日程度で症状は治まります。手術後になるべく早く、保冷剤などを使ってクーリングをすると腫れも少なくなります。
  • 内出血
    切開部分が少ないため、腫れと同様にひどい内出血の症状はあまり起きません。でも手術で緊張していると、血流が良くなってしまい手術後に内出血が出てしまう可能性もあります。手術中はリラックスが大切!
    内出血が出る場合には、切開をしている目尻部分ではなくまぶたに起こります。この場合でも1週間程度で症状は治ります。
  • 痛み
    手術後麻酔が切れると痛みが出てくる可能性があります。クリニックで処方された鎮痛剤を使って対処できる程度の痛みです。どうしても痛みが治らない場合には、もう一度手術をしたクリニックで見てもらいましょう。
    傷口の痛みは約1週間程度で治ります。目尻を切開しているため、まばたきをしたりすると違和感がある可能性もあります。少しずつ傷口が馴染んでくるので、1か月程度で違和感なく過ごせるようになるでしょう。

ダウンタイム中に注意すること

  • アイメイク

    手術後には目尻を糸で縫合しているので、メイクで上手に隠したいところ。でも手術直後のアイメイクは厳禁!1週間程度で抜糸になるので、抜糸が済むまではアイメイクを控えましょう。縫合してはいますが、あまり目立たないので意外と気づかれないものです。

  • 入浴・アルコール・激しい運動

    特に手術当日や翌日などは注意しましょう。手術中の血圧上昇も内出血の原因となりますが、術後に血流が良くなる行為も控えましょう。入浴、アルコールの摂取、そして激しい運動をすると腫れがひどくなったり、傷口がふさがるまでに時間がかかる可能性も。どうしてもお風呂に入りたい時には、ぬるま湯にして長湯は避けましょう。

  • コンタクトレンズ

    手術直後からでもコンタクトレンズの使用は可能です。ただしつけてみて違和感がある場合にはNG。手術直後には目立たないとはいえ糸もついているので、抜糸までの間は眼鏡をしてごまかす人もいますね。

参考:水の森美容外科HP「目尻切開に関するご質問」
https://www.mizunomori.com/faq/eye/mejiri/

見た目への影響

  • 目尻の左右差が出る
    手術後に鏡を見てみると、目尻の長さや大きさが違うかもしれません。ダウンタイムでは多少なりとも腫れや内出血があるため、左右が異なって見えるかもしれません。傷口が皮膚に馴染むまでには早くても1ヵ月、平均すると3ヵ月程度は必要です。それまでは様子を見ましょう。3ヵ月が経過しても左右差が出るという場合には修正が必要になるでしょう。
  • 逆さまつ毛になる
    目尻切開の手術の特性上、皮膚が内側に折り込まれて逆さまつ毛になる可能性があります。ただし腫れが落ち着くと逆さまつ毛の症状も緩和される傾向にあります。すぐにまつ毛を抜くのではなくて、少し様子をみてくださいね。どうしても症状が改善されない場合には、まつ毛を抜いたり逆さまつ毛の治療が必要になるでしょう。
  • 傷口が凸凹している
    執刀医の技術レベルにもよりますが、あまり熟練した医師でないと傷口の処理が十分ではなく術後に凸凹してしまうことも…。時間と共に皮膚に馴染んでいきます。傷口の状態によっては長くて半年程度必要になります。どうしても凸凹が治らない場合にはレーザー修正治療などで対処します。

ダウンタイムを短くする方法

目尻切開のダウンタイムを短くするために大切なことは2つです。

  • 安静にする
    簡単な手術ですが、術後の安静は大切です。いつもと同じように活動していると傷口の直りが悪くなることも…。少なくても手術当日と翌日は仕事の休みを取って安静にしましょう。
  • クリニックと医師選び
    目元の皮膚はとても繊細。それでなるべく短い時間で丁寧な手術をすることが腫れや内出血を少なくするために必須。そのためにはこれまでに積んできた経験や技術が大切ですね。簡単な手術とはいえ、評価のいいクリニックや医師を探すようにしましょう。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.