埋没法の二重手術で内出血は本当に起きるのか?【二重手術の名医ガイド】

埋没法の二重手術で内出血は本当に起きるのか?の二重手術メニューや費用、
イチオシの名医を紹介しています。クリニックを探している方必見です。

HOME » 目元のプチ整形・二重埋没法のすべて【総力特集】 » 埋没法の二重手術で内出血は本当に起きるのか?

【総力特集】二重埋没法!内出血

埋没法を受けると本当に内出血が起きるの?

二重手術において避けられないのが、内出血などによる後遺症です。
埋没法は、メスで切る手術と違って腫れや痛みが残りにくいのが特徴の一つではありますが、糸を縫い留めることによってまぶたに負担をかけてしまうので、ある程度の腫れや痛み、内出血が生じることもあります。
その出方や期間は個人差がありますが、適切な対処をすることによって、内出血を最低限に抑えることはできます。

埋没法はまぶたに内出血が起きるって本当?

埋没法はメスで切開するような手術ではありませんが、まぶたに針を刺して糸を通す施術法なので、その際に針が血管に触れてしまうと、内出血が起こる原因になってしまいます。
目の周りには細かい血管が張り巡らされているので、まったく触れずに施術を行うことは困難です。
埋没法の中でも、留める箇所が多いと血管に触れる危険性が高くなるので、内出血が発生する可能性も高まります。
何よりも、施術を行う医師の腕によって内出血が起こるかどうかは左右されますので、比較的簡単な施術である埋没法でも、実績が豊富で腕のいい医師やクリニックを選ぶことが重要になってきます。

内出血が起こった際の対処法を知っておこう

もし、埋没法の施術によって内出血が起こった場合でも、適切な対処法を行えば、その程度を軽くして早く改善させることができます。
まず、内出血が起こってすぐの場合は、施術部位を冷やすことで血の流れをゆるやかにして、症状を抑えることができます。
そして、施術後5日ほどたったら、今度は温めて血流を良くし、早く改善するようにします。
どちらも、冷やしすぎや温めすぎは逆効果になってしまう場合がありますので、保冷材を直接当てたり熱すぎるおしぼりの使用はやめて、心地よいと感じる温度にとどめるようにしましょう。
内出血は、すでに出血したものが表面に見えているものなので、あまりいじらないで放っておくのも一つの手です。
なかなか改善しない場合や心配な場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

施術後のセルフケアが大切

内出血が起こるかどうかは、施術後のセルフケアも重要です。
あまり血行が良すぎると出血がひどくなって内出血として現れてしまいますので、激しい運動や熱いお風呂は避けて、安静にしておくのがベストです。
できれば飲酒やアイメイクも避けて、目を休ませてあげましょう。

埋没法(プチ整形)の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。いくらリスクが少なくて手軽に受けられる埋没法といえども、ドクターの技量によって、その仕上がりは大きく左右されてしまいます。理想の二重を手に入れるためにも、施術を受けるクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある埋没法の名医を紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

二重埋没法(プチ整形)の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.