二重埋没法(プチ整形)の値段・料金相場

プチ整形の代表「二重まぶた埋没法」の値段に関するページです。
相場やクリニックによる料金差がある理由をまとめています。

HOME » 目元のプチ整形・二重埋没法のすべて【総力特集】 » 二重埋没法(プチ整形)の値段・料金相場

【総力特集】二重埋没法!料金相場

相場を知ってからクリニックを選ぼう!

二重の施術料金はクリニックによって自由に設定することができます。高ければいいというわけでもないし、安すぎるのが危ないというわけでもありません。なぜ各クリニックがそういった料金設定になっているのかは、その裏にある事情を知ることで理解できるのです。

そのため、このページではまず、二重埋没法の料金相場を把握できるように調べておきました。そのうえで、その相場と違いがある料金設定の場合はなぜその違いが生じるのか、どうやったらお得に埋没法を受けることができるのか、といったことを解説しています。

二重埋没法の料金相場

整形したいパーツで常に上位を占めている「二重」。中でも、美容医療の発達によって登場したメスを使わないプチ整形「埋没法」が話題となっています。ダウンタイムやリスクが少ないことから、気軽に受けられると需要の高い二重整形術です。そんな二重まぶた埋没法の中から、とくに人気の方法「1点留め」「2点留め」「3点留め」の相場をまとめてみました。

  片目の相場 両目の相場
1点留め 4万5千円~6万円 8~12万円
2点留め 7~10万円 12~17万円
3点留め 7~12万円 13~18万円

糸でまぶたを留める箇所が多いほど二重をキープする力は強くなりますが、それだけ値段も高くなってしまうようです。1点留めは片目4万5,000円からとリーズナブルですが、二重ラインをキープする力は弱いため奥二重のような仕上がりになります。

2点留めと3点留めは片目7万円からと少し高めの料金設定ですが、1点留めよりも二重ラインのキープ力は上がります。まぶたが厚い人は1点留めだとすぐに糸が切れてしまう可能性があるので、2点留め以上の相場を目安にすると良いでしょう。

ちなみに、2点留めと3点留めの相場はほとんど変わりませんが「3点留めのほうがお得」というわけではありません。それぞれ、二重の完成形が異なるのが特徴です。自然な末広がりの二重ラインを手に入れたい人は2点留めを、平行な二重ラインを手に入れたい人は3点留めを選ぶと良いでしょう。

埋没法の料金幅が広い理由

両まぶたの埋没法を受ける場合の平均価格は8~18万円ほどだとお伝えしましたが、この金額はあくまで目安。実際のところ、クリニックによって料金設定は大きく異なります。中には1万円以下で受けられるクリニックもあれば、20万円を超えるところもあるようです。

同じ「埋没法」でありながら、ここまで大きな料金差が生まれている理由を解説していきます。

広告代わりの安値設定
施術メニューを1つだけでも破格に設定しておくことは、CMを流したりポスターを貼ったりするのと同レベルの宣伝効果があります。
格安の埋没法を受けにクリニックを訪れた人に対し、「こんなメニューもありますよ」とそのほかの様々な施術をすすめることで、破格の料金設定でも運営し続けられるという仕組み。
もちろん、「まずはクリニックを知ってもらうために」という思いで入口料金として安値を設定しているところもありますが、最初からほかのメニューをすすめるつもりのクリニックもあるので「推しすすめられると断れない…」という人は注意が必要です。
施術できる医師数の多さ
埋没法は、ほかの二重整形術よりも比較的簡単なため、手掛けられる医師の多い施術です。メスを使用する手術よりもリスクが少ないため、新人医師に任せているクリニックも多々見られます。施術できる医師が多いぶん、ほかのメニューと比べると料金設定を下げやすい施術なのです。
経験を積ませるために、あえて新人医師に埋没法を担当させているところも少なくありません。「未来の美容医療界の名医を育てるため」と考えると良いことですが、「そうはいっても、経験の少ない新人医師に自分のまぶたを任せるのは不安」という人もいるはず。
安さに加え、安全性も重視するには、ベテラン医師が施術を担当すると公表しているクリニック、または新人医師の施術にベテラン医師が立ち会うクリニックを選ぶと良いでしょう。
安値表示の分発生するオプション料金
二重まぶた埋没法のメニューには、「麻酔料金」が含まれているケースとそうでないケースがあります。また、術後のアフターフォローがオプション扱いになっているクリニックも少なくありません。
オプションの料金にもよりますが、「安いと感じたけど、合計するとほかのクリニックより高くなった」というケースも珍しくないので、麻酔・診察・アフターフォローの料金は前もって確認することをおすすめします。
対応できる患者数に合わせた値段設定
大手クリニックの場合、メディア露出の多さやCMの影響による認知度が高いです。そのため「二重まぶた埋没法を受けてみたい」と思ったときに、パッと頭に浮かびやすいもの。その際、全員が問い合わせや予約の電話をするとなると、クリニック側が対応しきれなくなる恐れがあります。
そんなときのブランド力に応じた回避策として、あえて料金帯を高く設定しているケースもあるようです。
運営費用に合わせた料金帯
これは美容外科以外でも言える話ですが、クリニックの運営費用に応じて施術メニューの料金帯は異なります。
クリニックの内装や立地にこだわっているクリニックは運営費用がかさむため、施術メニューの料金帯も必然的に高くなるのです。
施設へのこだわり以外にも、クリニックで働くスタッフの数、施術にかける時間(カウンセリングを入念に行なう場合)などの人件費が大きく影響します。

埋没法をお得に受けるには…?

二重まぶた埋没法メニューに記載されている料金が安ければお得というわけではありません。本当にお得に二重まぶた埋没法を受けるために確認すべきポイントをご紹介します。

麻酔や保証制度が施術メニューに含まれているか
二重まぶた埋没法のメニューにあらかじめ麻酔やアフターフォローが含まれているかどうか、前もって確認しておきましょう。埋没法の麻酔は別途オプション扱いだと数千円ほどかかります。
保証制度については、修正手術が無料かどうか、何年間有効かなどをチェックしておきましょう。埋没法は糸が切れてしまうと一重に戻ってしまう二重整形です。
二重がとれてしまってから慌てないよう、クリニックにどういう対応をしてもらえるかを前もって確認しておくことが大切です。
利用できるお得なキャンペーンはないか
クリニックの中には期間限定の割引キャンペーンを用意しているクリニックやモニター制度を設けているクリニックが存在します。
ダウンタイムの長い施術の場合、仕事のスケジュール調整を考えるとキャンペーン期間内に施術を受けるのは難しいですが、埋没法ならダウンタイムが数日間なので期間限定のキャンペーンでも利用しやすいでしょう。
モニター制度は埋没法の経過を公表することになりますが、施術料金はかなり安くなりますよ。

成功する二重まぶた埋没法クリニックの選び方

二重まぶた埋没法をお得に受けるために、パッと見の施術料金に惑わされず、施術が完了するまでにかかる料金の合計を確認しておきましょう。また、「修正手術」の費用が発生しないように考えておくことも大切です。

メスを使用しないプチ整形「二重まぶた埋没法」は比較的簡単だと言われている施術ですが、「どんな医師がやっても同じ仕上がりになる」ということではありません。

二重にする技術自体は数か月で身に着くと言われています。けれど、一人ひとりのまぶたの特徴に合わせた対応や、理想の二重を忠実に再現する技術は、数年の経験を積んでやっと習得できるもの。経験の少ない医師に任せた結果、「トラブルは起きなかったけれど、思っていた二重にはならなかった…」という理由で再度埋没法を受け治すことになってしまっては本末転倒です。

再手術・修正手術の費用が発生するのを避けるには、二重まぶた埋没法で腕利きの医師を探し、カウンセリングで理想の二重について入念に打ち合わせすることが大切。また、アフターフォローや定期健診が無料のクリニックを選ぶことで、予定外の出費を抑えられますよ。

埋没法(プチ整形)の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。いくらリスクが少なくて手軽に受けられる埋没法といえども、ドクターの技量によって、その仕上がりは大きく左右されてしまいます。理想の二重を手に入れるためにも、施術を受けるクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある埋没法の名医を紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

二重埋没法(プチ整形)の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.