埋没法の手術は何回まで行うことが可能か?【二重手術の名医ガイド】

埋没法の手術は何回まで行うことが可能か?の二重手術メニューや費用、
イチオシの名医を紹介しています。クリニックを探している方必見です。

HOME » 目元のプチ整形・二重埋没法のすべて【総力特集】 » 埋没法の手術は何回まで行うことが可能か?

【総力特集】二重埋没法!何回まで

埋没法の手術は何回までやって大丈夫?

埋没法は、何年かすると二重のラインが取れてしまうこともあり、二重のラインが気に入らない場合はやり直しをすることもできるので、人によっては複数回施術を受けることもあります。
しかし、何度も埋没法を受けることで影響はないのか気になるところですね。
このページでは、何回埋没法を受けることができるのか、埋没法が取れたらどうすればいいのかという疑問について、お応えしていきます。

埋没法は何回まで大丈夫?

埋没法はやり直しできる施術法でもあることから、二重が取れたらまた施術を受ければいいと安易に考えがちです。実際何度も埋没法を繰り返している人もいますが、数年ですぐに取れてしまう、何回やっても長続きしないという人は、そもそも埋没法が向いていないという可能性もあります。
理屈の上では、何回やり直してもいいと言えますが、まぶたに針を刺して糸を通す施術なので、皮膚やまぶたにとって負担がかからないわけではありません。
クリニックによっては、制限回数を設けていることもあり、3回以上は施術しないというところもあります。
また、皮膚に埋もれている糸を取り除く場合には切開することになるので、切開法による手術と変わらなくなってしまいます。

埋没法を受けた後に別の二重手術は受けられる?

埋没法を受けた後に、二重が定着しない、取れやすいなどの理由から切開手術などに切り替える人もいます。
費用の安い埋没法でも何度も受ければ出費がかさみますし、何より手術による負担が大きくなるので、埋没法が合わない人は、医師から切開法などを勧められることもあります。
埋没法の糸は医療用の安全なものなので、糸がまぶたに残ったままでも問題ありませんが、何本も溜まると二重が不自然になったり、異物感を感じるようになるので、何度も埋没法を繰り返す前に別の方法に切り替えた方が安全と言えます。

埋没法が取れたらどうしたらいい?

埋没法が取れてしまうのは、医師の腕が悪い、目をこすってしまうなどの理由も考えられますが、もともとまぶたが厚くて二重を維持できないという可能性もあります。
花粉症などで目をこすってしまう人やまぶたが厚い人は、埋没法が向いていないと考え、別の方法を探した方がいいかもしれません。
埋没法でも数回繰り返すと、全切開の費用より高くなってしまいますし、まぶたに糸が残ってしまうことや手術による負担は避けられませんので、早めに医師に相談してご自分に合う施術方法を提案してもらいましょう。

埋没法(プチ整形)の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。いくらリスクが少なくて手軽に受けられる埋没法といえども、ドクターの技量によって、その仕上がりは大きく左右されてしまいます。理想の二重を手に入れるためにも、施術を受けるクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある埋没法の名医を紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

二重埋没法(プチ整形)の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.