目頭切開のダウンタイム

目頭切開のダウンタイムを説明しているページです。
症状や注意点などを紹介しています。

HOME » 魅惑の目元を演出・目頭切開法のすべて » 目頭切開のダウンタイム

【徹底解剖】目頭切開法ダウンタイム

ダウンタイムの把握は重要!

目頭切開で二重まぶたにしたいと考えている方の中には、手術の後にどれくらいで普通の生活に戻れるかを心配している人もいます。「何日くらい仕事を休まないといけないのか?」「すぐにアイメイクをすることはできるのか?」などなど初めての整形であれば不安はつきものです。手術後の腫れや内出血などがとれるまでの時間をダウンタイムと呼んでいます。ダウンタイムの症状や、過ごし方などについて詳しく説明しています。目頭切開を受けるまえに確認しておけば、手術後の仕事復帰の目途も立てやすくなりますね。

目頭切開のダウンタイムについて

目頭切開でのダウンタイムは約1週間程度です。切開した部分を糸で縫合してあるので、傷口が癒着した後に抜糸する必要があります。抜糸をするのが手術をして1週間後になります。

では、ダウンタイム中の詳しい症状について見てみましょう。

参考:湘南美容外科HP「目頭切開プレミアムの詳細情報」
http://www.s-b-c.net/contents_eyelid/eyelid_3_8.html
参考:高須クリニックHP「目頭切開」
http://www.futae-navi.info/kiso/ope_details.html

ダウンタイムの症状

腫れ
二重まぶたの整形手術と違って、目頭切開では手術後に目元が大きく腫れることはほとんどありません。腫れが出た場合でも2、3日で治まります。保冷剤などを使って腫れを冷やすことも効果的です。
痛み
メスを使って切開をするので、基本的には局所麻酔を使用しています。麻酔が切れてくると痛みが徐々に強くなるケースもあります。事前に病院で鎮痛剤などを処方してもらえるかも確認しておくといいですね。痛みも腫れと同じで、長くは続かないでしょう。腫れが引いていくのと同じように痛みも緩和されます。
内出血
目頭切開は内出血が出にくい整形手術です。出てしまったケースでも1週間程度で目立たなくなるので安心。ただし目頭切開で皮膚と組織を癒着させて二重にする内部処理に時間がかかってしまうと、内出血がひどくなることもあるので注意が必要ですね。目頭切開の経験豊富な医師なら短時間で最小限の内出血で手術をしてくれますよ。
傷跡
抜糸をする1週間は傷跡」が目立っています。抜糸後は徐々に目立たなくなっていきます。目頭切開の術式や個人差もありますが、1か月後には傷跡が目立たなくなる人もいます。最初は傷跡が凸凹していたり違和感がありますが、遅くても半年後には傷跡が回復しているはずです。

ダウンタイム中の過ごし方

手術から抜糸までの間、そして抜糸後に傷跡が目立たなくなるまでの方法を見てみましょう。

外出
手術自体は30分から1時間程度で終わる手術です。そして目頭をほんの数センチ切開する手術なので、体にはほとんど影響が出ません。麻酔が収まれば、普通に外出したり、仕事に行くこともできます。ただし抜糸をするまでには1週間前後が必要です。それまではサングラスや伊達眼鏡などをして目立たないようにすることもできますね。
アイメイク
基本的に抜糸が終わるまでは控えるようにしましょう。抜糸が終われば、アイメイクで傷跡も上手に隠せるようになります。
入浴
シャワーは手術当日から浴びて問題ありません。ただし湯船に長時間入らないようにしましょう。血行が良くなってしまうと、傷口の治りが悪くなります。湯船に入る場合でも1、2分程度にしておきましょう。

目頭切開後の注意点

  • 目元を触らない

    手術後はどうしても傷口が気になりますよね。でもいつも指で触っていると、傷口がふさがった後も跡が残ってしまうこともあります。傷跡が目立たないようにするためにも、そして雑菌が入って化膿しないためにもなるべく傷口は触らないようにしましょう。

  • やさしく洗顔する

    抜糸が終われば前と同じようにアイシャドウやマスカラ、アイカラーなどを使ってアイメイクができます。目頭切開でまぶたが二重になっていれば、メイクも楽しくなりますね。でも洗顔する時には、刺激を与えないようにやさしくしましょう。ゴシゴシと洗うのではなく、泡で洗顔するようなイメージが大切。

  • コンタクトもなるべく控える

    抜糸をするまではコンタクトはしないようにしましょう。抜糸しても傷口が完全に治っているわけではないので、長時間コンタクトをするのはなるべく控えましょう。完治するまでは眼鏡がおすすめ。

ダウンタイムを短くする方法

抜糸が済めば、赤みや腫れも回復していきます。それでダウンタイムを短くするために、抜糸までの期間が短いクリニックを探してみましょう。早ければ手術後4日で抜糸ができるクリニックもあります。最も多いのは術後7日です。実際に目頭切開をした人の体験談などを見ると、すぐに腫れが引いた人もいれば1週間が経ってもなかなか腫れが引かない人もいます。

抜糸が早くできるかどうか、ダウンタイムが短くなるかどうかは医師の技術が大きく影響しています。丁寧でスピーディーな手術ができれば、回復も早くダウンタイムも短くなります。腕がいいことで評判の良いクリニックや医師を探すことが目頭切開で納得のいく手術をするポイントになります。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.