目頭切開で失敗しないために

目頭切開に失敗しないためのTipsを紹介しているページです。
受ける際にはしっかりと実践して、キレイな目元を手に入れましょう。

HOME » 魅惑の目元を演出・目頭切開法のすべて » 目頭切開で失敗しないために

【徹底解剖】目頭切開法失敗しないために

失敗例を知ることで対策を立てよう!

「目を大きくしたい」「二重まぶたにしたい」という願いで目頭切開を受ける人はとても多いです。目頭にある蒙古襞と呼ばれる部分を切開するだけの簡単な手術だからといって、心配はいらないと思っていませんか?残念ながら油断していると自分の理想としている目元とは違う出来栄えになることもあります。そんな失敗をしないために、何ができるでしょうか?目頭切開をして失敗する可能性のある例をまとめてみました。そして万が一目頭切開の出来栄えに納得できない時の対処法についても紹介しましょう。

目頭切開でよくある失敗例

  • 切開が十分ではない
    切開する部分はほんの数ミリですが、その切開が十分ではないと手術後に効果を十分に得ることができません。目頭の裏側にある涙丘と呼ばれるピンク色をしている部分が見えすぎると不自然になるため、執刀医の中には慎重になりすぎて切開が不十分になってしまうこともあります。
    こうした失敗をさけるためにも、まず十分に執刀医とのカウンセリングが必要でしょう。コンピュータを使ったシミュレーションなどで、どの程度切開するかを相談できます。切開が足りない時には、数カ月後にもう一度手術を受けることもできます。
  • 切開をしすぎた
    反対に目頭を切開しすぎてしまう失敗例もあります。目頭切開をすると、手術前に比べて目の横幅が大きくなります。切開しすぎると「両目が近づきすぎる」「目の形に違和感がある」などの印象が強く出てしまうでしょう。
    ただし手術直後は抜糸で皮膚が引っ張られていたり、腫れなどが出ているために「切開しすぎかな…」と思うかもしれません。抜糸が終わり、ダウンタイムが終わると極端に目が近すぎたり、違和感が残ることもないはず。まずは安静にして抜糸まで様子をみてみましょう。
  • 平行型の二重まぶたにならない
    目頭切開をする人の中には、蒙古襞を切除することで二重まぶたになることを期待するケースもあります。しかし元々のまぶたの状態や、蒙古襞の張り具合によっては目頭切開だけでは十分に二重ラインが形成されないこともあります。
    やはり事前に執刀医とのカウンセリングが必須。シミュレーションをしておけば、目頭切開だけで綺麗な平行型二重ラインが形成できるかもわかります。もし難しい場合には、埋没法や切開法と併せた手術を選びましょう。
  • 傷跡が目立つ
    目頭切開の主流になっているZ法、W法などで手術を行えば、傷跡が目立つ心配はありません。術後に腫れや赤みがあっても時間の経過と共になくなります。でも傷跡が盛り上がってきて目立つ、赤みが取れないという場合も…。
    再度切開手術をして症状を治療することは難しいので、レーザー治療を受ける必要があります。もしくはステロイド剤を注射することで、盛り上がっている部分を目立たなくさせる方法もあります。
  • まぶたが腫れている
    手術の際の止血が十分でないと、術後に内出血が生じてまぶたが血で腫れてしまう事も。通常の内出血とは違って放置していても治らず、悪いことに感染症を引き起こす危険性もあります。
    もう一度傷口を切開して、十分に止血する必要があります。

失敗してしまった時の対処法

術後すぐには成功か失敗かの判断はできません。腫れや内出血がある場合には治まるのを待ちましょう。抜糸をしても違和感があったり、自分の理想としていた目元にならないなら再手術が必要です。

ただし目頭を含め、目元の皮膚は非常に薄く繊細なので少なくても3ヵ月は待ってから再手術を受けましょう。切開が足りない場合には、もう一度目頭切開。切開しすぎてしまったら、目頭切開修正手術を。

目頭切開で失敗しない秘訣

目頭切開を失敗しない秘訣は2つ。1・信頼できるクリニックと医師を選ぶ。2・手術前に執刀医とのカウンセリングを行う。この2つを慎重にすれば、失敗するリスクはかなり0に近くなります。もちろん、絶対に失敗しないとは言い切れません。

インターネットでクリニックの評判やこれまでの手術件数などを調べてみると、信頼できるかの判断材料になります。評判のいいクリニックはアフターフォローもしっかりとして貰えます。そして腕のいい執刀医であれば、短時間で丁寧な手術をしてもらえるので、術後のダウンタイムも短いですし失敗するリスクも減りますよ。

目の整形手術は決して安くないので、少しでもコスト面での負担を減らすために価格の安いクリニックが魅力的。でも長期的なスパンで考えると、多少価格が高くなってしまっても確実に成功して満足できるクリニックと先生を選ぶことが必須です。カウンセリングでは自分の理想を伝えるだけでなく、先生から「自分の目にはどの切開法がいいのか」「どれくらい切開したら不自然になるのか」などなど、専門家からの意見も聞くようにしましょう。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.