二重まぶた切開法の手術に失敗しないために

二重まぶた切開法の失敗例を紹介しています。
また、対処法(修正手術)や失敗を防ぐ方法に関しても解説しているので、どうぞご覧ください。

HOME » 重たい一重からパッチリ二重まぶたになれる「切開法」 » 二重まぶた切開法の手術に失敗しないために

二重まぶた切開法の手術に失敗しないために

二重まぶた切開法の失敗例

手術の傷跡が目立つ

切開法の症例が少ない医師が行なった場合の失敗例として、「傷跡が目立つ位置にメスを入れられた」「傷が深くいせいでなかなか完治しない…」などが挙げられます。

二重まぶた切開法はメスを使用するため、医師の技術が試される手術です。失敗を避けるために、メスを入れる適切な位置・深さを見分けられる確かな技術をもつ医師に依頼しましょう。

左右の二重が違う

切開法は高度な技術とセンスが求められる二重整形。症例が少ない医師が手掛けると、左右の二重幅がズレてしまったり、顔の印象が左右異なる仕上がりになったりするケースがあります。

切開法は、同じ幅の二重ラインにメスを入れたからといって、左右同じ二重になるわけではありません。大半の人は、左右の目元の作りが異なります。片方は一重、もう片方は奥二重という人も珍しくありません。

また、眉毛や表情筋の動かし方のクセによって、適切な二重ラインは変化します。同じ幅の自然な二重に仕上げるには、術後を正しくイメージできる症例数が豊富な医師に依頼することが大切です。

三重まぶたになる

切開法で二重以外のクセがついてしまった失敗例です。軽いクセならしばらくテープで固定するだけで解消されますが、くっきり三重のクセがついてしまった場合は修正手術を受ける必要があります。

まぶたを持ち上げられない

切開法でまぶたの筋肉が傷ついてしまった場合の失敗例です。傷ついた筋肉では十分にまぶたを持ち上げられないため、常に目を細めたような状態になります。

また、まぶたの筋力がもともと弱い人は、メスで筋肉を傷つけていない場合でもまぶたが開きにくくなる恐れが。

「くっきり二重の大きな目元になるために受けたのに、失敗して眠そうな目元になってしまった…」という結果は避けたいものです。失敗した場合は、対処法として眼瞼下垂の手術が行なわれます。

まぶたが閉じ切らない

二重の幅を広くとりすぎてしまった結果、まぶたが閉じ切らなくなるケースがあります。閉じにくいと感じる程度なら、たいていの場合数か月後には自然と元の状態に戻るので心配しなくてもOK。ただし、半開きになるほどであれば、二重の食い込みを緩める修正手術が必要です。

不自然なまぶたになる

切開法でまぶたの組織や脂肪を除去した際に起こり得る失敗例です。この失敗が起こる可能性が高いのは、腫れぼったいまぶたからROOFと呼ばれる組織を取り除いて二重にする高度な切開法の場合。

ROOF切除に成功するとすっきりした二重まぶたになりますが、まぶたが不自然にくぼんだり、二重ラインに違和感が生まれたりするリスクのほうが高い手術です。

切開法で失敗した場合の対処法

二重まぶた切開法による失敗は、修正手術で対処できます。しかし、”何度も繰り返し修正手術を受けられる”というわけではありません。

まぶたの皮膚はとても薄くデリケートなので、繰り返し手術を受ける場合には負担が大きすぎます。また、一度メスを入れている切開法後のまぶたは、二重整形の中でもかなり修正手術が難しいといわれています。

また、失敗の原因や適切な修正手術を予測することはできても、実際のところは手術を担当した医師にしか分かりません。術後のまぶたに異変を感じたら、まずはあなたの切開法を手掛けた担当医のもとへ相談に行きましょう。

切開法で失敗したときに修正手術を受けるタイミング

基本的に、腫れが落ち着いてから修正手術を受けるのがベター。腫れが落ち着くまでの目安期間は、切開法を受けてから3~4か月目以降です。

安全性を考慮したいなら、術後6か月目以降に修正手術を受けることをおすすめします。「二重のラインをよりくっきりさせるために再手術を受けたい」という人も、焦らず3~6か月後まで待ちましょう。

ただし1つだけ例外があります。それは「まぶたが開きにくい」と感じたとき。ほかの失敗例と違い、1週間以内の手術が必要となる場合があるため、異変を感じた時点で必ず医師に相談してください。

二重まぶた切開法で失敗しないために

二重まぶた切開法の失敗を避けるために必要なことは、信頼できる医師と行なう「入念な打ち合わせ」です。

信頼できるかどうかは、症例数やこれまでの実績、カウンセリング時の対応で判断すると◎。二重まぶた切開法の症例が多い経験豊富な医師に依頼すれば、少なくとも技術不足による傷跡の目立ちは避けられます。二重切開法の名医なら、左右の二重のズレや三重まぶたになるリスクも低いでしょう。

入念な打ち合わせは、認識の違いによるトラブルを回避するために欠かせません。

「腫れぼったい不自然な二重になった」「まぶたを閉じ切れない」などのトラブルでよくあるのは、「いつもアイプチしていたラインを切開位置に決めた」という声。入念な打ち合わせを行ない、二重まぶた切開法の正しい知識を医師が伝えていれば防げたはずの失敗例です。

アイプチと二重まぶた切開法は全くの別物。同じラインだとしても、メスを入れるか入れないかでは二重の見え方が大きく異なります。

安易に幅を決めてしまうのは絶対にNG。失敗を避けるためには、医師に二重の仕組みを解説してもらい、理想の二重になるためのラインを相談しながら、切開する二重のラインを慎重に決めるのがベストです。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.