蒙古ひだ(蒙古襞) | 【お悩み別】二重整形リサーチ

目が小さく見える原因「蒙古ひだ」に関するページです。
特徴や理想の二重まぶたにする方法などを詳しく解説しています。

HOME » 蒙古ひだ(蒙古襞) | 【お悩み別】二重整形リサーチ
蒙古ひだ

日本人の8割が持っているという目頭にある蒙古ひだ。蒙古ひだがあると、雑誌やテレビで紹介されるメイク方法をしても可愛く仕上がらないことも…。それならとアイプチやテープを使って頑張ってみても、ひだが強すぎてすぐに取れちゃうこともあります。ここでは蒙古ひだの特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介。さらに蒙古ひだを改善して西洋人のような目元を手に入れる方法や、おすすめのクリニックもまとめています。

蒙古ひだとは何か?

女性二重

蒙古ひだは、目頭部分を覆っている上まぶたのひだのことです。正式名称は「内眼角贅皮」といい、モンゴロイドといわれるアジア人に多く見られます。しかし黒人や白人などの西洋人に蒙古ひだは見られません。

一重や二重などパッと見の印象と比べ、蒙古ひだに注目する方はあまりいませんが、見た目の印象を決める重要な箇所になります。

目の真ん中には黒目があり外側は白目になっていますが、内側にある白目の端っこにはピンク色の肉が存在。これを「涙丘」といいますが、蒙古ひだのある人はピンクの肉「涙丘」が隠れてしまっているのです。もし隠れている人は蒙古ひだを指で引っ張ってみると涙丘が表れます。

蒙古ひだの形や特徴

蒙古ひだを持っている人は、一般的に目頭が丸みを帯びた形をしています。その一方で西洋人や生まれつき蒙古ひだのない黄色人種は、一般的に平行型の二重であるのが特徴です。

蒙古ひだは、人によって形や強さが異なります。なかには目を開けているときに蒙古ひだがないように見えても、目を閉じたときに目頭にひだが覆いかぶさっている人もいるようです。蒙古ひだがあるかないかは目を閉じれば確実に調べることができます。

なぜモンゴロイドだけ蒙古ひだがあるのか

なぜモンゴロイドと呼ばれるアジア人にのみ蒙古ひだがある理由は、「人類の進化」が影響しています。

人間の起源をたどると、人類はコーカソイド(白人)・ネグロイド(黒人)・オーストラロイド(オーストラリア先住民)・モンゴロイド(黄色人種)の4つに分類可能。

その中でモンゴロイドだけが蒙古ひだを持つのは、寒冷地での生活に適応するためだといわれています。厳しい寒さの中では、大きく開いた目だと凍結の原因に。寒冷地に生活していたモンゴロイドだけが、生存率を上げるために蒙古ひだが発達したのです。蒙古ひだが涙丘を守ることで、涙の分泌量をコントロールしやすくなり、目の凍結を防ぎやすくなります。

蒙古ひだのメリット

若く見える
「目が細い」「目がパッチリしていない」など目元のコンプレックスあることが多い蒙古ひだですが、実は若く見えるというメリットがあります。蒙古ひだがある=目元のハリが強いため、目の周辺がたるみにくく、シワになりにくいのです。
世界的に珍しい
蒙古ひだのあるまぶたは、世界的に少数しかいません。西洋諸国では、アジア人の目を「アーモンドアイ」と呼び、美しいと称賛しています。アーモンドアイとは、目頭がシュッと尖っており、目尻が丸みを帯びている目のこと。西洋ではあまり見られない目元なので、珍しくて魅力的に映るそうです。
目を保護する
見た目の印象ではコンプレックスに挙げられることが多い蒙古ひだは、目を保護するという意味で大きなメリット。目を寒さから守ってくれますし、目にゴミが入りにくくしてくれます。
クマが目立ちにくい
蒙古ひだがあるとクマが目立ちにくくなります。クマは皮膚のうっ血が表面に表れるのが原因。蒙古ひだのある人は目頭周辺の皮膚が厚いため、うっ血をわかりにくくしてくれます。さらにシワやくすみも目立ちにくくなるため、歳を重ねても若々しい目元を維持しやすいのです。

蒙古ひだのデメリット

目が小さく見える
外見上、蒙古ひだがあると目が小さく見えてしまいます。世間では、芸能人やモデルのようにパッチリとした目が人気。一般的に目が大きく見えるほうが、異性からの評判も良く魅力的に見えるそうです。これは心理学の実験でも証明されています。同一女性の写真を用意し、2枚のうち1枚を目を大きく加工。複数の男性にどちらが好みかを選ばせた場合、ほとんどが加工したほうを選んだそうです。
地味な印象を与えてしまう
蒙古ひだがあると、目が小さく見えるだけでなくまぶたが腫れぼったく見える人もいます。良くいえば可愛らしい瞳ですが、悪くいってしまうとパッとしない地味な印象を与える可能性もあるのです。

蒙古ひだがないと黄金比に近づく

蒙古ひだがあると目と目が離れて見えてしまいがちですが、蒙古ひだをなくすだけで目と目の幅が狭くなり、人間が美しいと感じる黄金比に近づくそうです。美しいと感じる黄金比は「1:1:1」とのこと。これは左目・目と目の間・右目の幅が同じ比率であることを指します。「可愛らしい」「幼い」「地味」などといわていた目が、蒙古ひだがなくなることで「美人」な印象を強めてくれるのです。

蒙古ひだをなくす方法

メイク・マッサージ・目頭切開が蒙古ひだを無くす主な方法になります。

メイクで無くす

「蒙古ひだを今すぐなんとかしたい」という場合、メイクでなくすのがおすすめです。これを目頭切開メイクといい、アイラインや手術をしたかのように目をパッチリさせるメイク方法です。ここでは目が大きくなる目頭切開メイクの方法を3つ紹介します。

黒色アイライナーを使用した目頭切開メイク
目頭切開メイクでもっとも効果的なのが黒色アイライナーを用いた方法です。やり方は黒いアイラインを目の形通りに引くのではなく、目頭の部分を長めに引きます。目頭を引っ張って、蒙古ひだがなくなったらどんな風になるのかをイメージしてアイライナーを引くのがポイント。そうすれば目の輪郭が広がり綺麗な目頭切開メイクに仕上がるはずです。自然体に見せたいときは、綿棒を使ってぼかすというやり方もあります。また自然体に仕上げるために、使用するリキッドタイプやペンシルタイプは極細がおすすめ。
これだけで目の周辺が広がったように見え、パッチリした目が表現できます。
白色アイライナーを使用した目頭切開メイク
目元の輪郭をはっきり見せる黒色アイライナーとは真逆で、輪郭をぼかすのが白色アイライナーを使用した目頭切開メイクの特徴です。やり方は黒色アイライナーと同じように、目頭部分を長めに引きます。ですが白色は肌に馴染みやすく目立ちにくいので、少々長めに引いたり蒙古ひだの全体を塗りつぶしたりしても問題ありません。攻めたメイクができるのが魅力です。目頭だけに白くすると浮いてしまうので、あくまでもアイメイク全体に使うようにしましょう。効果的に白色のラインを使えば、目を大きくして目頭を切れ長に見せることができます。
アイライナーではなくアイシャドウを使用しても構いませんが、いずれにせよ自分の肌に馴染みやすいものを選んでください。
黒と白を両方使った目頭切開メイク
こちらで紹介するのは上級者向けの方法です。
黒色アイライナーをまぶたや目頭など局部的に使用して、白をアイライン全体に使用してぼかすことでよりレベルの高い目頭切開メイクに仕上がります。また下まぶたを白、上まぶたを黒にして分ける方法もおすすめです。

目頭切開メイクの注意点

目頭切開メイクは失敗してしまうと、普通のメイクよりも崩れやすく、逆に変な顔になってしまいます。失敗で多いのが「ラインの引きすぎ」。ラインをバランスよく引くのはかなり難しいようです。始めのうちは、誰かに化粧を見てもらうと良いでしょう。自分が鏡でみたときにおかしくなくても、他人から見てみると不自然に見える場合があります。可能であれば、化粧をあまりしない人よりも、普段から化粧している友人に見てもらうほうが適切なアドバイスをもらえるはずです。

マッサージで蒙古ひだを無くす

目元のマッサージをするだけで、蒙古ひだを目立たなくすることが可能です。ここでは、いくつかの蒙古ひだマッサージを紹介します。

目頭つまみマッサージ

  1. 目頭を人差し指と親指でつまむ
  2. 中心に向けて皮膚を引っ張る
  3. 引っ張ったまま30秒間キープする
  4. これを、1日3~5セット行う

慣れてきたらセット数を増やしたり時間を伸ばしたりしてみる。

蒙古ひだマッサージ

  1. 蒙古ひだの上部にある骨のあたりに、親指を当てる
  2. 親指の腹で、おでこに向けてゆっくり押し上げるようにマッサージをする。
  3. 次は眉間から目頭の下部までを両手の人差し指で挟むようにマッサージ。
  4. これを30秒間ずつで1セット。1日3セットを目安に行う。

マッサージの効果を高めるために

目元がむくんでいる場合は、マッサージの効果が出にくいので、まずはむくみを取り除くことから始めましょう。目の上に蒸しタオルと冷たいタオルを交互に5分ずつ乗せる「温冷交換タオル法」やまぶたにある老廃物を流す「リンパマッサージ」がおすすめです。

目頭切開で蒙古ひだを無くす

蒙古ひだをメスで切開する手術を目頭切開法といいます。メイクやマッサージよりも確実に効果が得られるのがポイント。手術時間の目安は30分程度で、抜糸が5日程度、ダウンタイムは1週間程度です。

目頭切開には、Z法・W法・リドレープ法・三日月法などの種類があります。

Z法
蒙古ひだの皮膚をZ型に切開して、皮膚を縫合する目頭切開方法です。
傷跡が目立ちにくく、他の目頭切開よりもダウンタイムが短いといわれています。自分の目の形はそのまま残るので、自分の目を生かしつつ目を大きくしたい人におすすめです。
W法(内田法)
W法は、目頭の皮膚をW型に切開して、Wの中央部分の皮膚を引っ張って縫合する目頭切開法です。目頭が丸みを帯びて優しい印象の目に仕上がりやすく、可愛らしさを残したい人におすすめです。
V法
蒙古ひだの真ん中を水平に切開して、縫合する目頭切開方法。簡単な手術といわれていますが、患者の細かい要望に対応しにくく、傷跡が目立ちやすいのが難点です。
リドレープ法
切開後の縫合や仕上がりがZ法に似ているのがリドレープ法。Z法よりも傷跡が長いですが、目の形に沿った傷なので目立ちにくいのが特徴です。
三日月法
正式名称は「三日月型単純皮膚切除法」。目頭の内側にある皮膚を切開して縫合するシンプルな施術ですが、傷跡が目立ちやすいのが欠点になります。また、せっかく手術をしても元に戻る可能性も高いのだとか。最近では、三日月法を行うクリニックも減ってきているようです。

埋没法で蒙古ひだを無くす

女性二重

美容外科でまぶたを特殊な糸で留めることで二重を作る「埋没法」を利用して蒙古ひだを無くす方法があります。

まぶたにメスをいれることなく二重にすることができるので、まぶたへの負担が少ない上に、二重手術の中では費用もかなりお手頃になっています。二重にしたいと考える方はもちろんの事、蒙古ひだを取り除きたい方も利用される方法です。

埋没法と目頭切開でバランスの取れた目に

埋没法はしばしば目頭切開と共に施術されることの多い方法だと知られています。目頭切開のみ行うと横ラインだけが広くなり、縦のラインが狭いアンバランスな目元になりがちです。埋没法のみ施術すると反対に縦のラインだけが広くなります。

埋没法は目頭切開とセットにして横のラインも縦のラインも拡張するとバランスの取れた目元になるので、2つ合わせて施術を受けられる方が多く見られます。

また、埋没法を利用して目頭と二重の施術を兼ねる方法もあるようです。目頭切開をする必要は無く、埋没法でまぶたを上に引っ張って二重の横幅を広げ、蒙古ひだを伸ばして無くしていきます。

蒙古ひだがある人は、その大きさによって埋没法だけで目頭を広げるか、埋没法と目頭切開のセットで広げるかの2パターンに分かれます。

蒙古ひだが小さい方の場合は、目頭に集中して二重幅の結び目を成形すると、目を開いた際に糸が目頭の皮膚を引っ張るので二重と目頭が形成されます。

蒙古ひだが大きい方の場合は、目頭切開と埋没法を一緒に行う方法がオススメです。埋没法のみで二重にすることは難しいので、目頭切開と並行して埋没法の施術を行うことで、二重を作ることができます。

きれいな平行型の二重と目頭の施術が希望ということであれば、蒙古ひだが小さい方であっても目頭切開と埋没法を並行するのが望ましいです。

ただし、幅が広い平行型二重にしたいときは、埋没法だと留めた糸が取れやすくなってしまうため、6mm以上の幅広い平行型二重にしたいということであれば、切開法での二重手術をおすすめします。

二重の手術においても目頭切開を用いる人が多いようですが、まぶたが重たくないのであれば、埋没法でも十分きれいな二重を作ることができますし、費用もかなりお安くなります。

目頭切開の相場やメリット・デメリット

近年、整形して目をパッチリさせるのはポピュラーになってきました。ここでは日本人の8割が持つ蒙古ひだの治療法「目頭切開」の相場やメリット・デメリットをまとめています。

目頭切開の費用相場

Z法 片側:140,000~245,000円
両側:220,000~350,000円
W法(内田法) 片側:132,000~220,000円
両側:270,000~340,000円
目頭切リドレープ法 片側:140,000~183,000円
両側:220,000~280,000円
三日月法 両側:148,000~220,000円

目頭切開のメリット

蒙古ひだを切開することで、目の幅が広がり大きな目元を手に入れられるのが大きなメリット。

蒙古ひだがあると目が小さく見える・眠たそうに見える・地味に見えるなどの印象を解消できます。

西洋人のような目力の強い目元になり、美人な顔になりたい人は目頭切開を受けることで、理想の目を手に入れられるでしょう。また目頭切開をすることで、永久的に大きな目をキープすることができます。

目頭切開のデメリット

目頭切開はメスを入れるため、皮膚が傷付くというデメリットがあります。特に目元は注目されやすい箇所なので目立ちやすいでしょう。ダウンタイムは1週間程度なので、仕事が忙しい人は休みをもらうか、眼帯をして仕事に出ないといけません。

また蒙古ひだを切ることで、白目が広く感じる場合があります。もともと白目が目立つ方はより強調されてしまうという欠点もあるのです。

大切なのはクリニック選び

目頭切開をすることで、今よりもパッチリした美しい目を手に入れることができます。さらにつり目や離れ目の解消にも有効です。その一方でメスを入れる手術のため傷口が目立ったり、白目が目立ったりする場合もあります。メリット・デメリットはありますが、まず自分の目や蒙古ひだが目頭切開に向いているのかを確認することが大切です。カウンセリングを無料で行っているクリニックなら気軽に通いやすいでしょう。

目頭切開は数ミリの違いで、見た目の印象が大きく変わってしまう難しい手術になります。もし医師の技術力が高くなければ、納得できる結果を得られない可能性もあるのです。目頭切開の手術を受ける場合は、クリニック選びに注意してください。「カウンセリングの丁寧さ」「目頭切開の種類が豊富か」「クリニックの症例実績」「ドクターの経験値や口コミでの評判」などをチェックしておくのがクリニックを選ぶポイントです。ここでは目頭切開が得意なクリニックを2院紹介しています。評判の高い治療を受けたい人はぜひ参考にしてください。

目頭切開が得意なクリニック

表参道スキンクリニック
日本の美容外科・形成外科でトップクラスのスキルと経験を持った医師が集まっている表参道クリニック。口コミでも「信頼できる」と評判のクリニックです。なかでも統括医療部長の中西雄二医師は、美容外科に関するあらゆる施術で成果を出しており、通称ゴッドハンドと呼ばれています。もちろん医師の施術力のみならず、患者の目線に立ったホスピタリティや平均より安い施術費用も人気の理由です。
ヴェリテクリニック
銀座・大阪・名古屋・福岡に展開している美容整形外科「ヴェリテクリニック」。各院長は、美容外科医や形成外科の指導医としてトップクラスのスキルを持ち合わせています。その中でも福田慶三医師の高い技術力はかなり有名。これだめ多くの人のコンプレックを解消してきました。名古屋大学医学部卒業後、アメリカでの研修を経た経験の持ち主。それから美容外科・形成外科クリニックで勤務したのち、ヴェリテクリニックを開院しています。

埋没法の相場やメリット・デメリット

埋没法の費用相場

女性二重

埋没法は、糸を留める数によって費用が変わります。

平均的な費用は、2点留めで80,000円前後、4点留めで120,000円前後です。

切開法と比較するとかなり手頃な価格であることがわかります。

クリニックによっては、糸の種類が異なり固定力は弱まるものの、もっと手軽な価格で施術を受けられる埋没法もあるようです。

また、片目での料金設定を設けているクリニックもあるので、左右の目が片方は二重なのでもう片方だけ施術を受けたいという人は、こうしたクリニックを選ぶとよいですね。

埋没法のメリット

埋没法のメリットは、まず切開法と比較すると価格がかなり安いということが挙げられます。

切開法の平均費用が200,000円前後であるのに対して、埋没法であれば1点留めで考えた場合100,000円未満で施術を受けることができるので、およそ2倍の差となりますね。

埋没法は前述したように糸でまぶたを留める施術方法になりますが、留めた糸を取り外すことができるので、もし、「やっぱり元のまぶたに戻したい!」ということであれば、抜糸をして復元が可能になります。

もし、留めた二重の位置や目頭の状態が気に入らない場合は、糸を外して留め直すこともできるので、やり直しができるという点は大きなメリットだと考えられます。

さらに、糸で留めているだけでも長期間二重を維持することでまぶたにクセが付き、糸を外しても二重が定着して、本物の二重を手に入れることができる利点も。「蒙古ひだはそのままで二重は綺麗なままが良い!」なんて方には丁度良いですね。

埋没法のデメリット

埋没法のデメリットは、糸で留めるだけという施術方法から、まぶたが重い人などは二重にすることができないケースがあるという点です。

まぶたに脂肪がたくさんついている人や、蒙古ひだが大きい方などは、埋没法では二重にできない場合があります。クリニックでは、ご自身の目の状態から適切な施術を提供してくれるので、安心できますね。不安な方はじっくりご相談してみると良いでしょう。

また、二重になった場合でも、何かの刺激を受けてしまうと糸が取れてしまい、一重に戻ってしまう可能性がある点もデメリットと考えられます。強い力で目をこすってしまうなどの刺激がキッカケとなって糸が取れてしまう事もありますので、花粉症などで目がかゆくなりやすい人にはリスクが大きい施術です。該当される方は忘れずに担当のお医者様へ報告してください。

糸が取れてしまう可能性があることからもわかるように、埋没法は半永久的に効果を持続できる施術ではありません。

こすらないように気をつけていても、2~3年ほどで糸が取れてしまう人が多いため、その間に二重のクセがつかなかった人、また二重にしたい人は、施術を受け直す必要がある点も検討する材料になりますね。

埋没法の施術が得意なクリニック

表参道スキンクリニック
「表参道スキンクリニック」は、埋没法の施術を得意としています。
こちらでは埋没法にいくつかの施術の種類を用意していて、好みのものを選ぶことができる点が特徴です。
例えば、「スタンダードクイック」は固定力が弱く、ほかの施術と比較すると腫れが長引きやすいので、まとまったお休みを取る必要がありますが、埋没法の平均費用よりもかなり手頃な、2点留め(両目)で20,000円以下という価格で施術を受けられます。

ほかにも、週末で状態を落ち着かせたいという人には「1dayナチュラルデザイン」という施術や、より周囲に気づかれにくい「1dayナチュラルデザイン オプティマル」という施術も用意しています。
また、切開法と埋没法の間を取ったような「マイクロカット」という施術では、埋没法に加えて少しだけ切開することでよりしっかり二重を固定させることができます。

全国に系列のクリニックがありますので、地方に住んでいる人でも自分に合った埋没法を選んで施術を受けられるのがうれしいですね。

表参道スキンクリニックはカウンセリングにしっかり時間をかけて、その人にもっとも適した二重まぶたを提案してくれます。
美容整形が初めての人でも、不安なく施術を受けることができるようにしっかりと説明を行い、疑問点を解消した上で施術に入ってくれるので、安心して任せられると口コミ評価の高いクリニックです。
ヴェリテクリニック
ヴェリテクリニックは「リドレープ法」という目頭切開の傷を目立たせない施術を扱っています。
こちらの施術は「Z法」というZの字に切開するやり方よりも傷跡が見えないようになっていますが、施術後は末広型の二重幅になりやすくなります。 ヴェリテクリニックも、埋没法の施術を得意としているクリニックのひとつです。

埋没法は2点留めが両目で80,000円、4点留めが両目で120,000円と手頃な価格で施術を受けられます。
片目での料金設定もあるので、片方は二重だけれど片方は一重という人も手軽に施術可能。

一人ひとりの患者さんの肌質や、顔の作りなどを考えてもっとも美しく見える二重を提案してくれるので、アイプチなどのセルフ二重まぶたが未経験の人でも、違和感のない二重まぶたを手に入れることができます。
ヴェリテクリニックで埋没法の手術を受ける男性も多く、営業職など見た目の印象が重要となる仕事をされている方が施術を受けて、より充実した毎日を送られているようです。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.