二重整形の手術費用まとめ

美容医療の二重整形には、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?各手術の費用相場から、効果期間まで解説していきます。

HOME » 二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A » 手術費用はどのくらい?

二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A

手術費用はどのくらい?

初めて手術を受ける方には、いろいろな不安がつきもの。中でも、手術費用がどのくらいかかるのかが大きな問題ですね。費用はクリニックによって若干異なりますし、施術内容によっても金額が違ってきますので、かかる費用をすべて確認してから手術を決定しましょう。

埋没法で8~18万円前後、切開法で25~30万円前後

二重のラインを形成する施術は、大きく分けると2種類。医療用の糸でまぶたの1カ所~6カ所を留める埋没法、1センチ~3センチほど切開してラインを作る切開法のふたつです。

埋没法は切開せずに糸で留めるだけの施術なので、比較的費用は安め。何カ所留めるかによって価格が変わり、1点留めなら両目で8~12万円、2点留めは12~17万円。3カ所以上留める場合は、13~18万円程度かかるようです。

切開法になると、皮下組織の切除や処理、縫合、麻酔や感染に対する措置などがあるので、少々費用がかかります。1センチ以下の部分切開で24~25万円、全切開する場合は25~30万円くらいかかるのが妥当だと言われています。

目元に関する整形手術としてほかに挙げられるのは、目頭切開や目尻切開などがありますが、高い技術が必要とされる手術なので、費用が比較的高め。目頭切開で20~25万円、目尻切開は18~23万円程度の金額に設定しているクリニックが多いようです。

費用を比較するとき注意すべき3つのポイント

  • 激安価格の裏側を見抜け!

    安いところでは、両目2万円台で埋没法が受けられるクリニックがありますが、客寄せのためにそのような激安料金を設定し、結果的には高い料金の手術を勧める、といった典型的な営業手法である場合がほとんど。または、新人ドクターが経験を積むために安い価格で手術を行う場合などもあります。

  • 高い費用はブランド代だと思え!

    同じ手術法であっても、クリニックによって5万円以上も金額が違う場合があります。高い手術費用には、クリニックの宣伝費や豪華な内装、医師の知名度など、いわば“ネームバリュー代”が含まれていることが多いようです。

  • 麻酔代が含まれているか注意せよ!

    手術費用が安いと思っていても、麻酔料金がオプションになっていて、別途数万円請求される、ということも。手術費用の中に麻酔料金が含まれているかどうかは必ず確認しましょう。同様に、数年間の再手術保証がついているかどうかも確認しておくと安心です。

手術費用にまつわる疑問集

  • 手術費用として含まれるものの内訳は?

    多くのクリニックの場合、手術当日の施術代、麻酔代、抜糸する際の再診料などが含まれます。中には、麻酔代はオプションとしているところもあるので注意。また、まぶたの脂肪除去や皮膚の切除は別料金、としているクリニックもあります。

  • オプション料金にはどんなものが含まれる?

    痛みに弱い方向けに特別な麻酔を使用したり、透明な糸や材質の良い糸を使用すると、オプションとして加算されることがあります。麻酔そのものをオプションとしている場合もあります。

  • モニターに応募したら、どのくらい費用が安くなるの?

    クリニックのホームページなどに顔写真が掲載されてもOKならば、モニターに応募して費用を安く抑えることができます。多くのクリニックでは通常よりも20~40%程度も安くなるようです。

  • 先生によって値段が違うのはどうして?安い先生でも大丈夫?

    複数の医師が在籍しているクリニックでは、担当する医師によって費用が変わる場合があります。美容整形手術の仕上がりには、医師の実績・経験が如実に表れるので、経験豊富な医師は高め、新人医師は低価格、というように設定しているからです。経験の浅い新人医師の場合、経験の多い医師が手術に立ち会う場合もありますし、受ける方が納得しているのであれば問題ありません。

保険適用について

二重整形の中でも埋没法はそれほど高いものではありませんが、それでも学生さんなどはなかなか気軽に検討できる価格ではありません。更に部分切開法や全切開法を選択する場合は高い費用がかかるので、費用の面で不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

その時に利用できると助かるのが保険です。実は二重整形での保険適用にはいくつか種類があり、適用されるケースと、されないケースがあります。自分の場合はどちらに該当するのかチェックしてみてください。

美容目的で行う二重整形

基本的に、美容目的で行う二重手術の場合は保険が適用になりません。というのも、二重の手術は「自由診療」という扱いになるからです。通常、病気やケガの治療目的で病院にかかった場合は健康保険が適用され、3割負担となります。

しかし、二重整形は、手術しなかったら健康に悪影響をもたらすようなものではありません。そういった治療に対して国民の支払っている保険料を使うわけにはいかないのです。

ちなみに、病気の治療目的だったとしても国の未承認の治療などを受けた場合には自由診療となります。

こういったことから、基本的に美容目的でのすべて実費で支払うことになるでしょう。

眼瞼下垂や逆さまつ毛を治す場合

眼瞼下垂や逆さまつ毛に悩んでいる方が、二重治療を受けることもあるようです。

こちらの場合は、原因を改善しなければ健康上の不調に繋がってしまいます。例えば、眼瞼下垂は目を十分に開くことができなくなるため視界が狭くなってしまいますし、逆さまつ毛は眼球に向かってまつげが生えているために角膜に傷がついたり、視力低下の恐れがあるのです。

こういったトラブルの治療法の一環として挙げられるのが、二重整形となります。

そのため、眼瞼下垂や逆さまつ毛の治療目的で二重にする場合は保険が適用となり、3割負担で済むのです。治療が必要なほどの状態か?については医師の判断によっても異なるので、症状があった場合に必ずしも保険適用で治療ができるとは限りません。この点は注意しておきましょう。

もしも保険が適用になった場合、費用は両目合わせて5万円ほどで済みます。保険が適用にならなかった場合に比べるとかなり安いといえるので、相談してみましょう。

クリニックによっては、ただ単に眼瞼下垂であるだけでは保険治療の対象にならないとしているところもあるようです。ポイントは、日常生活に何らかの支障が出ているのか?ということ。特に支障がないようであれば、美容目的での二重施術と診断されてしまうこともあります。

カウンセリングを受けるクリニックによって診断基準は違うため、クリニックAでは保険の対象にならなかったものの、クリニックBでは対象になるようなケースも珍しくありません。もちろん、眼瞼下垂でないところを眼瞼下垂として保険適用してもらうことはできないので、この場合は諦めるしかないでしょう。

保険が適用になる場合の注意

保険が適用になるのならば、絶対に保険適用で施術を受けた方が良いのか?というと、そうともいいきれません。確かに費用も安くなるのは大きな魅力なのですが、保険適用で行う治療というのは、あくまで現在発生している不調の改善が目的です。

極端に言ってしまえば、全く理想通りの二重のラインにならなかったとしても、眼瞼下垂や逆さまつ毛自体が改善されていれば、施術は成功という扱いになります。かなり細かく希望を聞いてくれたり、とてもきれいに二重のラインを作ってくれるところもありますが、本来の目的は眼瞼下垂や逆さまつ毛の治療であるという点は押さえておきたいですね。

二重を目指したいと思っている方の多くは、仕上がりのキレイさにもこだわりたいはず。

そうしたことを考えると、やはり美容目的での治療経験が豊富な自由診療を選択した方が良いのではないでしょうか。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.