くぼみ目(老けてみられる目)の原因と治療法【二重手術の名医ガイド】

くぼみ目(老けてみられる目)の原因と治療法の二重手術メニューや費用、
イチオシの名医を紹介しています。クリニックを探している方必見です。

HOME » 二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A » くぼみ目(老けてみられる目)の原因と治療法

くぼみ目(老けてみられる目)の原因と治療法

しわやたるみなど、目元の悩みを抱えている人はとても多いです。特に、目元のくぼみは老けてみえることも。また、くぼみ目は加齢だけが原因ではありません。くぼみ目はシミやくすみと違いコンシーラーやベースメークでカバーすることが難しいため、解消を希望するなら医療機関での治療がおすすめです。

今回は、くぼみ目がどんな症状なのか、またどんな原因で起きてしまうのかを詳しく解説し、くぼみ目の治療法について紹介します。

顔のパーツのなかでも、相手に与える印象が大きい目元。しかし、目元はしわやたるみなどのエイジングサインが目立つパーツでもあります。特に、目元がくぼむと影ができてしまうため、見た目の印象が老けてしまうことも。そして、目元がくぼむと構造上二重まぶたにならず、目が小さく見えることもあります。

くぼみ目はどのような方法で改善することができるのでしょうか?くぼみ目の原因や手術、治療法について詳しく解説していきます。

くぼみ目(老けて見られる目)とは?

くぼみ目とは、まゆとまぶたの間の部分がくぼんでしまう状態をいいます。主な原因は、眼の周りの筋肉が落ちることで、本来あるべき場所の脂肪が垂れ下がることによるものです。目元がくぼんでいると、二重のラインがきれいにでないほか、見た目の印象が老けてしまい、疲れているように見られることもあります。

一方、くぼみ目は加齢による肌の老化と思われがちですが、年齢だけでは十分に現象を説明できないとする見方もあり、骨格による顔形の差や表情筋、皮下脂肪量などの構造的な差もくぼみ目の原因と考えられます。

加齢で見られるくぼみ目について

20代の場合は上眼瞼の脂肪が多いため、ハリのあるふっくらとした目元をキープすることができます。しかし、30代に入ると上眼瞼縁の外眼角寄が下垂し始めるため、上眼瞼の眼窩部にくぼみが生じやすくなることも。目元がくぼむと、眉毛が固く、そして目元がきつく見える場合もあります。


くぼみ目の手術や治療法とは?

くぼみ目の治療法として多いのが、ヒアルロン酸注射によるくぼみ目の修正です。くぼんでいる部分にヒアルロン酸を少量ずつ注入し、まぶたとの段差を無くしていきます。このほかにも、自身の脂肪を注入する治療法を行なっているクリニックや、FGF組織の再生療法でくぼみ目を治療するクリニックも。

FGF組織の再生療法とは、皮膚の幹細胞を増やすことで線維芽細胞に働きかけ、皮膚を再生することでくぼみ目の解消を目指します。手術に不安を感じる人は、短時間で治療ができるヒアルロン酸注射がおすすめです。

くぼみ目はヒアルロン酸注射などで解消することができる

くぼみ目は、加齢や皮下脂肪量の少なさ、骨格や表情筋の衰えなどさまざまな原因が考えられますが、ヒアルロン酸注射などで解消することができます。ヒアルロン酸注射の場合、短時間で施術することが可能です。

また、くぼみ目の人で二重手術を希望している人もいるかもしれませんが、二重手術を行う前にくぼみ目を解消することが必要といえます。なぜなら、まぶたの上のくぼみが深いと目を開けたときに上瞼の皮膚が折れ曲がる箇所がないため、二重まぶたにならないからです。

ヒアルロン酸注射などでくぼみ目が解消されると、二重手術を行わなくても二重のラインがはっきりする場合も。気になる人は医師に相談してみてください。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.