男性の二重整形って女性とは違う?【二重手術の名医ガイド】

男性の二重整形って女性とは違う?の二重手術メニューや費用、
イチオシの名医を紹介しています。クリニックを探している方必見です。

HOME » 二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A » 男性の二重整形って女性とは違う?

 

二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A

男性の二重整形は女性と違う?

二重整形と聞くと女性が受ける整形手術という印象がありますが、決してそのようなことはありません。今や一昔前とは違い、男性も美容に関心を抱いておかしくない時代。ファッションやヘアスタイル、眉毛の加工と同じレベルで二重整形を受けている男性は急増中です。女性にとっても男性にとっても、二重まぶたは相手に好印象を与える大事なポイントなのです。

男性の二重整形は女性と同じ

女性の二重整形の方法は、大きく分けて埋没法と切開法の2種類。男性が二重整形をする場合でも、女性と同じく埋没法か切開法を選ぶことになります。埋没法とは、まぶたに通した糸を結んで二重まぶたを作る施術法。両目15分くらいで終わる簡単な施術のため、プチ整形と呼ばれることがあります。

プチ整形とは言っても、もちろん綺麗な二重を手に入れることができるのでご安心を。ただ埋没法の場合、時間とともに二重が崩れてくることがあるのが弱点です。一方で切開法とは、二重のラインに沿ってメスで切開して二重まぶたを作る施術法。本格的な手術をすることになりますが、埋没法とは違って二重まぶたが崩れるということはありません。

埋没法の費用は、糸で何ヶ所(何点)結ぶかによって違ってきます。1ヶ所であれば10万円前後が相場。3ヶ所であれば15万円前後が相場です。

切開法の費用は、おおむね25万~30万円前後。麻酔、切開、縫合などの処置がある分、埋没法よりは相場が高額となります。

施術前に気を付けておきたい3大ポイント

  • 術後の内出血などを化粧で隠せない

    二重整形の直後は、切開法はもちろんのこと、埋没法でも内出血や腫れが生じます。女性の場合、これらの見た目の不具合をメイクで無理やりごまかすことができますが、男性の場合はメイクをするわけにはいきません。

    二重整形をしたことが周りにバレたくない人は、下で解説する術後のケアを徹底し、かつ内出血や腫れを上手にごまかすテクニックをしっかり学んでおきましょう。

  • 数日の休暇が必要となる

    切開法を受けた後の数日間、多くの人は、腫れや内出血などで、とても人前に顔を出せるような状態ではなくなります。また、切開法ほどではないにしても、埋没法の場合も腫れは避けられません。最近、腫れの少ない埋没法を謳っているクリニックが増えてきました。確かに従来の埋没法に比べて腫れは少ないようですが、それでも周囲からは違和感を抱かれる可能性があります。

    腫れには個人差があるため、もしかすると、見た目の違和感は長く続くかもしれません。 二重整形をしたことが周囲にバレたくない人は、整形後の休暇を十分に確保しておくことが大事です。埋没法であったとしても、念のため4日程度は休みを確保しておいたほうが良いでしょう。

  • 仕上がりをイメージしにくい

    二重整形を望む女性はもちろんですが、整形を考えたこともない一重の女性の間でも、今やアイプチやアイテープは常識化しています。そのため、女性の場合は、一重のときの自分顔と、二重のときの自分の顔の違いが、比較的容易にイメージできるでしょう。

    一方で男性の場合、普段からアイプチやアイテープで二重を作っている人は少数派。二重になったときの自分の顔をイメージすることが、女性に比べると難しいと言えます。二重整形を終えてから「やりすぎてしまった!」とならないよう、事前に医師としっかりとしたシミュレーションをしておくことが大切です。

男性の施術後ケアにまつわる疑問集

  • 手術後1~2日、まぶたをクーリングする方法は?

    手術の翌日~2日目くらいまでは、まぶたをよく冷やします。この初期ケアを怠ると、以後の内出血や腫れが悪化し、上手にごまかすことが難しくなります。ただ、あまり冷やし過ぎても、かえって腫れが悪化することがあるので要注意。アイスノンなどをハンカチやタオルで包んだ状態で使用し、過剰にまぶたを冷やし過ぎないように注意してください。

  • 手術後1~2日、睡眠以外で横になってはいけない理由って?

    横になると血液やリンパ液が顔にたまり、腫れや内出血を悪化させる可能性があるからです。テレビを見るとき、本を読むとき、ゲームをするときなど、つい横になってしまうクセがある人もいると思いますが、二重整形をしてから1~2日程度は、なるべく横にならないようにしましょう。睡眠時も、なるべく高い枕を使うなどして、顔に血液やリンパ液がたまらないように注意してください。

  • 入浴はNG?

    NGです。お風呂で温まりすぎると、血液の巡りが良くなって腫れや内出血が悪化する恐れがあるためです。できれば、手術から1~2日程度は簡単なシャワーだけで済ませておくことが理想です。

  • 飲酒はNG?

    NGです。お酒を飲み過ぎると、血液の循環が良くなって腫れや内出血を圧下させる可能性があります。できれば、術後1週間程度はお酒を控えるか、または飲酒量を大幅に減らしたほうが良いでしょう。

  • 腫れや内出血を上手にごまかすには?

    フチが太めの眼鏡を着用してください。眼鏡を着用すると、人の視線は眼鏡に集まりやすくなります。また、フチの太い眼鏡を着用することで、腫れや内出血がある程度隠れます。

  • 眼鏡以外に腫れや内出血を上手にごまかすには?

    コンシーラーでごまかせます。コンシーラーはドラッグストアなどで購入できるので、二重整形をする前に購入しておいたほうが良いでしょう。

男性に人気の二重整形クリニック

表参道スキン
クリニック

1時間のカウンセリングで理想イメージを共有

埋没法、切開法、ともに豊富な症例数を誇る表参道スキンクリニック。腫れや内出血を最小限に抑える独自技術に基づいた埋没法が人気です。

患者一人当たり、実に1時間ものカウンセリングを行ない、術後の仕上がりをしっかりと医師の想像力の中に描きます。在籍する中西医師は「フェイス整形の神様」の異名をとる職人ドクターです。

公式サイトを見る

高須クリニック

世界スタンダードの埋没法を生んだクリニック

今や二重整形の世界スタンダードとなった二重埋没法。この埋没法を考案した人物こそ、他でもない、高須クリニック創業者の高須克弥医師です。

その実力の高さと症例数の多さから、二重を希望する女性・男性も多く高須クリニックに来院。同クリニックが手掛けた二重整形のモニター写真が、公式ホームページに豊富に掲載されています。

公式サイトを見る

湘南美容外科

クリニックオリジナルの多彩な埋没法が人気

2016年の二重整形の実績が、全院合わせて31,052件。日本はおろか、アジアでもっとも多くの二重手術を行なっていると言われる湘南美容外科。

2日で腫れが目立たなくなる「2DAYSクイック法」を始め、目をつぶったときでも他人に分かりづらい「クイックコスメティーク法」など、クリニックが独自考案した様々な埋没法が人気です。

公式サイトを見る

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.