二重整形っていくつからできる?持続期間は?

老若男女問わずに希望者がいる二重整形ですが、果たして何歳から受けることが可能なのでしょうか?ラインの維持期間についても解説します。

HOME » 二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A » 何歳からできて、どのくらい持つの?

二重手術で失敗しないために!知っておくべきQ&A

何歳からできて、どのくらい持つの?

幼いころから腫れぼったいまぶたや小さな目に悩んできた方は、できるだけ早く10代のうちに手術を受けたいと考えているかもしれません。お子さんの様子を気にしている親御さんも多いことでしょう。二重の手術は何歳から可能なのか、そして、どのくらい持続するのでしょうか。

本人と親の意志があれば未成年でも手術OK

一般的に、成長と共に顔が変わる…と言われることがあります。確かに、骨格が大きくなって、目鼻立ちの印象が変わることはあるかもしれませんね。しかし、まぶたに関して言えば成長と共に一重から二重に変わることはほとんどありません。老化や体重の減少によってまぶたが薄くなり、皮膚の一部が折れ曲がって二重・三重のシワができることがあっても、多くの人が希望するようなキレイな二重に変化する可能性は低いと考えられます。

ということは、成長過程で早め手術をしても成長が終わる20代まで手術を待っても、結果は変わらないということ。お子さんがまぶたのことで深く傷ついたり悩んでいるなら、早めに悩みを解決してあげた方が心の成長のためには得策かもしれません。

多くのクリニックでは、未成年の患者さんに対しても、親の承諾があれば二重の形成手術を行うことが可能であるとしています。早い人では、10~12歳といったお子さんが、お母さんと一緒に来院し手術を受ける…という例もあるそうです。重要なのは、“本人だけ”もしくは“親だけ”の意志では手術が成立しない、ということ。両者が納得していれば、未成年でも問題なく手術が受けられます。

二重の持続期間については、手術の内容やまぶたの状態によって異なり、正確なデータはありませんが、2点留めなどの一般的な埋没法の場合で平均3~5年と考えられます。切開法については、半永久的に二重が持続すると謳っているクリニックもあります。

代表的な3大施術の持続期間

  • 埋没法・2点留めの場合は3~5年

    埋没法の場合は、糸で留めているだけなので“いつか二重が取れる”ことを前提としています。まぶたを2カ所で留めている場合は、二重が持続するのは長くても5年程度だと言われいています。

  • 埋没法・複数留めの場合は

    3カ所以上で留めている場合は、1点留めや2点留めよりも留める箇所が多いだけでなく、糸のかけ方や縛り方にも工夫して、ラインが取れにくいように施術しています。とはいえ、永久に取れないわけではなく、持続期間は長い場合で5~6年程度と考えておいた方が良いでしょう。

  • 全切開の場合は

    切開して二重のラインを作りますから、かなり持続性が高くなります。10~20%の人が元に戻ったというデータもあるようですが、ほとんどは10年以上持続するようです。

年齢や持続性にまつわる疑問集

  • 19歳です。親にもバレずに二重手術を受けたいのですが…

    多くのクリニックでは、20歳未満の未成年者が手術を希望する場合、本人と親権者の同意書が必要となります。両親のどちらか1名のサインがなければ手術できない決まりになっているので、親御さんを説得するか、20歳を過ぎるまで手術を待った方が良いでしょう。

  • 5年は持つと言われて埋没法を受けましたが、1年でラインが消えた…どうして?

    「糸の結び方が緩かった」など医師の技術的な問題、「まぶたが厚くて取れやすい」など患者さんのまぶたの性質による問題などが考えられます。いずれにせよ、手術を行ったクリニックに相談し、再手術などの処置を受けましょう。

  • 子供の一重まぶたが気になる…二重にするなら、いつ手術を受けるのがベスト?

    お子さんが不自由を感じたり、深く悩んでいるのなら、成長を待たずに思い立った時に手術を受けるが良いでしょう。小学生から中学生、高校生の患者さんも夏休みや冬休みなどを利用して手術を受けています。逆さまつげで悩んでいるお子さんなども手術で改善できます。すべての施術に、親御さんが立ち会ってあげてください。

  • 手軽なのは埋没法だけど、持続性を考えると全切開かなと迷っています。どちらにすべき?

    持続性や手軽さで比較するよりも、なりたい目のデザインや、自分のまぶたの特徴などから手術法を選択しましょう。半永久的に持つとされる全切開でも、体質によってはラインが消えてしまうこともありますし、埋没法でも10年以上持続したケースもあります。まぶたの厚さや形状などに合った方法を選択すれば、必然的に二重を持続させることにつながります。

未成年におすすめの二重整形クリニック

表参道スキン
クリニック

お得な料金で受診できる症例モニター多数

費用が安くなる症例モニターの種類は、6種類。院内モニター、院外モニター、写真モニター、動画モニター、全顔モニター、部分モニターを用意しているクリニックです。

施術前後に写真やインタビュー、アンケートを受けるだけで、通常料金よりも費用を抑えて施術を受けられます。多くの症例実績を積んできたドクターの手腕は確かなものがあります。

公式サイトを見る

高須クリニック

未成年が美容整形する際にイメージしやすいクリニック

高須クリニックの創業者は、医療業界の先駆者・高須克弥医師。同クリニックの公式ホームページには、未成年者が二重整形を受けるときに知っておきたいことが掲載されてます。

同意書の書き方や親の同席、電話確認についての動画を掲載しているので、未成年者でも直感的に理解しやすい内容になっています。

公式サイトを見る

大塚美容外科

徹底的に患者と話し合うのが最大のこだわり

患者の要望を尊重し、イメージを具体化するようにしているのが大塚美容外科。希望以外にも、様々なパターンを提示してくれるので納得して施術を受けられるはずです。

二重整形の施術は、微妙な違いで顕著に変化が出ることもあるため、シミュレーションを重ねて理想の二重の形をつくっていきます。

公式サイトを見る

他の優良なクリニックはこちらから

ここ以外にも多数の実績を積んだ名医がいるクリニックは、他にもたくさんあります。下のボタンから移動できるページに、厳選した美容外科やクリニックを掲載していますのでご覧になってみてはいかがでしょうか。

二重手術の名医&クリニック
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.