この整形法で理想の二重まぶたを手に入れよう!

ひと口に二重整形と言っても、様々な手術方法があります。理想の二重まぶたのラインを手に入れるため、手術法について知っておきましょう。

HOME » どんな目になりたい?二重まぶたの整形術まとめ

二重まぶたの整形術まとめ

理想の目元をしっかりイメージすることが成功のカギ!

あなたが「こうなりたい!」と憧れているのはどんな目元ですか?切れ長でクールな目、ちょっと吊り上がったネコ目、まん丸で可憐な垂れ目…。目元の印象は、目の形や二重ラインの形、幅など、ほんのちょっとのデザインの差で大きく変わります。そのため、“どんな二重のラインを作りたいのか”、“どんな印象の目元になりたいのか”という目標をしっかり定めることがとても重要。目標に合わせて、ベースとなる自分の目をどう調整すればよいのかが決まってくるからです。二重を形成する手術の方法やクリニック選びも変わってくるので、まずは二重にはどのような種類があるのか、そのための手術法はどのようなものがあるのか、基本的な知識を学んでおきましょう。ここでは、二重手術の方法別に、どんなデザインの二重が形成できるのか、芸能人を例にとって解説していくことにします。

埋没法(1点止め)

まぶたの中央を1点だけ留めて二重ラインを作る方法
埋没法・1点留めは、まぶたの裏側から医療用の細い糸を通して留め、二重のラインを作る方法のひとつ。まぶたの中央を1カ所だけ留める方法を1点留めと言います。技術的にも費用の面でも気軽に受けられる方法ですが、ラインをキープする力が弱いので、自然な二重を希望する方や薄いまぶたの方などに適応します。

埋没法(1点止め)でどんな目になれる?

まぶたの中央を一カ所留めるだけですから、整形したことが分かりにくく、ナチュラルメイクもぴったりハマる、自然な奥二重の目元に仕上がります。

「自然な奥二重」の芸能人は?→A・Hさん

埋没法(2点止め)

まぶたを2カ所留めて二重ラインをキープする方法
埋没法・2点留めは、希望する二重のラインに沿って、目の上の2カ所を医療用の糸で留める施術法です。1点留めよりもラインを形成できる範囲が広がって、目尻まで二重の幅を作ることができますし、持続性も増します。3点以上の複数留めよりは体への負担が小さく、ダウンタイムが短いという利点があります。

埋没法(2点止め)でどんな目になれる?

目頭は奥二重気味になり、目尻に向かって二重の幅が広がる“末広がりタイプ”の二重に仕上がります。日本人の顔立ちにも合う適度な華やかさをプラスすることができます。

「末広タイプの二重」の芸能人は?→I・Sさん

埋没法(3点止め)

絶対に切開したくない方に…複数留めで強力にラインを形成
「まぶたに傷を残したくない」という場合には、3カ所以上を糸で留める方法も選択できます。3カ所から最大で6カ所まで留める方法を採用しているクリニックがあります。1点留めや2点留めよりも二重ラインをきっちり形成することができますし、キープ力も増します。ただし、費用が高額になり、体への負担も増えることになります。

埋没法(3点止め)でどんな目になれる?

希望の二重のラインに沿って細かく留めていくので、すっぴんでも目が大きく見える、目の上縁と平行な二重も実現します。

「幅の狭い平行タイプの二重」の芸能人は?→H・Mさん

切開法(部分切開)

1センチほど切開して二重のラインを作る手術法
部分切開は、二重のライン上の一部を1センチほど切開して二重のラインを形成する方法。まぶたの脂肪が多い場合は、部分的にではありますが眼窩脂肪を取り除く処置もできます。まぶたが厚くて埋没法ではラインがキレイに作れないが、全切開のような大きな傷を作りたくないと希望されるケースなどで行われます。

切開法(部分切開)でどんな目になれる?

部分切開法では、まぶたの中央部分を切開しますが、二重のラインと重ねて隠すように切ります。幅が広めの平行な二重ラインとなり、派手な印象の目元に仕上がります。

「幅の広い平行タイプの二重」の芸能人は?→S・Kさん

切開法(全切開)

皮膚のたるみも除去できる最強の二重形成手術法
二重のラインに沿って2.5?3センチ幅の半月型に切開する手術法。皮下の余分な脂肪や組織を取り除いて処理し、縫い合わせてラインを作ります。加齢などで表皮がたるんでいる場合でも、皮膚を切除できるのでスッキリ仕上がります。二重のラインの持続性が最も高い方法ですが、費用面や体への負担などは大きくなります。

切開法(全切開)でどんな目になれる?

二重のラインがしっかり平行の、“ギャル系二重”を作ることができます。パッチリと大きな目に仕上がるので、お人形さんのような印象になります。

「ギャル系二重」の芸能人は?→K・Mさん

目頭切開・目尻切開

目そのものを大きく横長に仕上げる手術法
アジア人特有の“蒙古ヒダ”と呼ばれる部分を切除する目頭切開と、目尻方向へ目を広げる目尻切開があります。目と目が離れた印象の方は目頭切開を、目尻方向に白目が多く隠れている方は目尻切開を行うと効果的です。目立つ場所を切開するので、傷が残りにくいよう工夫してくれる、技術の高い医師に依頼する必要があります。

埋没法(1点止め)でどんな目になれる?

目を横に広げる効果があるので、切れ長で大人っぽい、ミステリアスな雰囲気の目元になります。二重ラインも横に広がり、ハッキリした印象に仕上がります。

「切れ長パッチリ二重」の芸能人は?→T・Sさん

 

【番外編】
理想の二重に直したい!他院修正ってあり?なし?

一度失敗しても…他のクリニックでやり直すチャンスあり!

自分が思う理想的な目元に仕上げるためには、執刀する医師の技術やセンスが不可欠。少しでもバランスが崩れれば、目元の印象が想像していたものと大きく違ってしまいます。また、理想の二重ラインを手に入れても、時間の経過とともに消えてしまうことがあります。

そんなとき、手術を行ったクリニックだけでなく、ほかの医院へ相談するという方法があるのをご存知ですか? 技術に自信のある医師やクリニックは、積極的に他院修正を受け入れていますから、より技術の高いクリニックを探して、相談してみることをおすすめします。

二重手術ができる美容外科
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.