埋没法(1点止め)でどんな二重が手に入る?

埋没法(1点止め)について紹介します。手術の特徴やどんなラインを作れるか、費用相場をまとめました。

HOME » どんな目になりたい?二重まぶたの整形術まとめ » 埋没法(1点止め)

二重まぶたの整形術まとめ埋没法
(1点止め)

1カ所留めるだけで二重になれるお手軽プチ整形

髪の毛よりも細い医療用の糸を使ってまぶたを内側から留め、切開せずに二重を作る方法が埋没法。

中でも、二重のラインに合わせて目の中央の1カ所だけを留めてできる、最もシンプルな手術方法が1点留めです。

クリニックによっては、「クイック法」と言われているほど簡単にできますし、リスクが少なくリーズナブルなのでとても人気の高い方法。

1点留めの埋没法でキレイな二重ができるかどうかは、まぶたの薄さなどが関係してきますから、医師とよく相談しましょう。

4万5,000円~6万円(片目) 8万円~12万円(両目)

どんな目になれる?

日本人らしい自然な奥二重になれる!

埋没法の1点留めは、まぶたを留める範囲が少なく、二重のラインがくっきりと出にくいのが特徴。真ん中だけを留めることで両サイドは自然に落ちるので、まぶたの厚いアジア人特有の「奥二重」のような目元を作ることができます。

1点留めの手術法は、ハッキリとした二重のラインを作りたい人には向きませんが、整形したことを周囲にあまり知られたくない方などには、さりげなく二重になれるのでおすすめ。

手術の負担やリスクも抑えながら、あっという間に日本人の顔立ちにマッチした自然な二重の目元が出来上がります。

「自然な奥二重」の代表的芸能人

ナチュラルな雰囲気が魅力の女優「A・Hさん」のような目元に

日本人の顔立ちに違和感なく馴染む奥二重の目元で代表されるのは、映画やドラマ、化粧品のCMなどでもおなじみのA・Hさん。

ほんわか癒し系の女優さんとして、男性はもちろん同性からも人気が高いA・Hさんは、少し小さめの目でまぶたもちょっと奥二重気味。普通の女の子から見ても親近感を覚えるほど、日本人女性の典型とも言える目元です。

このような、作り込み過ぎないナチュラルな顔立ちは、最近のトレンドでもありますし、目が小さめで悩む普通の女の子でも目標としやすい、理想の形でしょう。

整形したことを周囲にハッキリと知られずに、さりげなく二重の目元を作りたいなら、1点留めの埋没法でこのようなナチュラルな奥二重を目指すと良いですね。

埋没法(1点止め)手術が得意なクリニック

表参道スキン
クリニック

腫れも痛みもないスピード施術で理想の二重に!

術後に腫れや内出血が出ないよう、特別な技術で行う埋没法が人気。局所麻酔をほどこして、二重の幅やラインを患者さんが自分自身で確認しながら手術を行います。

1点留めの場合、手術自体は5分で終わり、麻酔を含めても20~30分ですべて終了します。片側だけなら5万円、両側の場合は8万円で受けられます。

公式サイトを見る

高須クリニック

片目ずつ時間差で施術するなど柔軟な対応も可能

髪の毛より細い糸で、まぶたの裏側から留める施術方法で、両目行っても10分程度で終了します。

仕上がりが気に入らない場合は元に戻すこともでき、仕事の都合などでダウンタイムが取れない時は、片目ずつ施術して眼帯で過ごし、腫れが引いた頃にもう片方を施術する、といった対応もしてくれます。

公式サイトを見る

湘南美容外科

アイプチ感覚でリーズナブルにできる埋没法

湘南美容外科では、埋没法だけで数種類用意していて、最もリーズナブルで簡単なのが、ナチュラルベーシック法の1点留め。両目で税込7,350円という価格で受けられます。

痛みが心配な方にオススメの笑気ガスと点眼麻酔、ヒーリング麻酔のオプションは別途3,000円となっています。

公式サイトを見る

埋没法(1点止め)の施術時間・ダウンタイム

埋没法(1点止め)の施術時間は、まぶたの個人差やクリニックのやり方によって多少は異なるものの、おおむね5分から15分程度と考えておいて良いでしょう。

施術に入ったと思ったらすぐに終わった、と感じる人がほとんどのようです。 術後はまぶたが腫れます。腫れの程度や期間には個人差がありますが、多くの場合は1日から3日程度、多少目立つ腫れが続きます。

腫れが引くと、今度はまぶたが浮腫んだような状態になります。その後1週間ほどで浮腫みが解消。ようやく二重のラインが登場する、といったパターンが一般的です。

なお完全にきれいな二重に定着するのは、術後約4週間後。その間は焦らずに、日々のまぶたの変化を楽しみつつ過ごしましょう。

埋没法(1点止め)の施術時の注意点

  • 2点止め、3点止めに比べて持ちが短いということ。

    少しでも長く二重を維持したいなら、最初から2点止め、3点止めを検討したほうが良いかも知れません。

    あるいは、二重が崩れても一定期間なら無料で修正してくれる「保証付き」の施術を申し込んだほうが良いかも知れません。

  • まぶたが厚い方や目を開ける力が弱い方には適応しない

    脂肪が多くついていて、まぶたに厚みのある方の場合は、1カ所留めただけでは二重のラインができにくい場合があります。

    また、元々目を開ける力が弱い方も、埋没法だけではキレイな二重にならないケースもありますので注意しましょう。

  • 1点留めだとキレイな二重のラインが出にくいこともある

    まぶたの脂肪が厚めの人や、逆にまぶたの脂肪が薄めの人、目を開ける力が弱い人などは、1点止めではきれいな二重にならない可能性があります。

    自分のまぶたが1点止めに適しているかどうか、事前に診察でドクターの意見を仰いだほうが良いでしょう。

【コラム】埋没法(1点止め)修正をするときって?

元の目の状態に戻る?

埋没法には、1点止めや2点止め、3点止めなど、糸による結び目の数によっていくつか種類がありますが、何点止めであれ埋没法は「半永久的に二重が維持される施術」というわけではありません。

人によっては半永久的に二重が維持される例もあるようですが、それは結果論。「いつかは元の目に戻る施術」と考えておいたほうが良いでしょう。特に1点止めは、文字通りまぶたの1ヶ所のみを糸で結ぶ施術のため、2点止めや3点止めに比べて、早めに元に戻る傾向があります。

ただし、早めに元に戻るとは言っても、1週間や2週間で元に戻るわけではありません。データがあるわけではないので正確には言えませんが、一般的には2年ほどは持つようです(早い人だと数ヶ月程度で元に戻る場合もあります)。

埋没法(プチ整形)の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。いくらリスクが少なくて手軽に受けられる埋没法といえども、ドクターの技量によって、その仕上がりは大きく左右されてしまいます。理想の二重を手に入れるためにも、施術を受けるクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある埋没法の名医を紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

二重埋没法(プチ整形)の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.