埋没法(2点止め)でどんな二重が手に入る?

埋没法(2点止め)について紹介します。手術の特徴やどんなラインを作れるか、費用相場をまとめました。

HOME » どんな目になりたい?二重まぶたの整形術まとめ » 埋没法(2点止め)

 

二重まぶたの整形術まとめ埋没法
(2点止め)

より確実に二重ラインをキープしたいなら2点留めを選ぼう

細い糸でまぶたを留める埋没法は、留める箇所が多くなると二重をキープする力が増しますが、それだけ術後の違和感や腫れなども大きくなってしまいます。

そこで、埋没法の中でも、二重のラインに沿って2カ所留める2点留めを選べば、1点留めよりも戻りにくく、3点以上留める施術よりもダウンタイムが短いという、いいところ取りができるのです。

1点留めではうまく二重のラインが作れない、厚めのまぶたの方などにも適応する可能性も高くなります。

7万円~10万円(片目) 12万円~17万円(両目)

どんな目になれる?

目尻に向かって広がる「末広タイプ」の二重が実現!

2点留めは、目の上2カ所を希望の二重ラインに沿って糸で留める手術法。2カ所を留める場合、1点留めよりも二重を形成できる範囲が広くなり、目尻までしっかり二重の幅をキープできます。

どちらかというと目頭が奥二重気味になり、目尻に向かって幅が広がる「末広がり」のようなスタイルの二重を作ることが可能です。

日本人で生まれつき二重の方はこのタイプの人が多いようなので、日本人の顔立ちにとてもマッチし、違和感のない仕上がりになります。女優さんやタレントさんにもこのタイプの目元の方が多く、万人受けするスタイルだと言えるでしょう。

「末広タイプの二重」の代表的芸能人

目尻がたれた末広タイプで小悪魔っぽい目元を演出

目頭は奥二重で目尻に向かって幅が広がるタイプの二重は、派手なタイプの目元ではありませんが、日本人女性の顔立ちにピッタリなじみます。

毎年「なりたい顔ランキング」で上位に入る、女優のI・Sさんは、そんな末広がりタイプの二重の代表格。化粧品のCMでは、ふっくらとした唇とキリッとした眉で芯の強さとかわいらしさを演出していますが、垂れ目気味で末広がりの二重ラインには小悪魔感も漂います。

また、ナチュラルな目元は、日本人女性にとても身近で目標としやすいスタイル。女性からも男性からも支持されるI・Sさんのモテ顔の秘密は、末広タイプの自然な二重によって「作り込んだ印象を与えないのにキレイ」という王道の顔立ちを演出していることにあるでしょう。

 

 

 

埋没法(2点止め)手術が得意なクリニック

表参道スキン
クリニック

腫れも痛みもないスピード施術で理想の二重に!

術後に腫れや内出血が出ないよう、特別な技術で行う埋没法が人気。局所麻酔をほどこして、二重の幅やラインを患者さんが自分自身で確認しながら手術を行います。

1点留めの場合、手術自体は5分で終わり、麻酔を含めても20~30分ですべて終了します。片側だけなら5万円、両側の場合は8万円で受けられます。

公式サイトを見る

高須クリニック

片目ずつ時間差で施術するなど柔軟な対応も可能

髪の毛より細い糸で、まぶたの裏側から留める施術方法で、両目行っても10分程度で終了します。

仕上がりが気に入らない場合は元に戻すこともでき、仕事の都合などでダウンタイムが取れない時は、片目ずつ施術して眼帯で過ごし、腫れが引いた頃にもう片方を施術する、といった対応もしてくれます。

公式サイトを見る

湘南美容外科

アイプチ感覚でリーズナブルにできる埋没法

湘南美容外科では、埋没法だけで数種類用意していて、最もリーズナブルで簡単なのが、ナチュラルベーシック法の1点留め。両目で税込7,350円という価格で受けられます。

痛みが心配な方にオススメの笑気ガスと点眼麻酔、ヒーリング麻酔のオプションは別途3,000円となっています。

公式サイトを見る

埋没法(2点止め)の施術時間・ダウンタイム

埋没法(2点止め)の施術時間は、おおむね10分から20分程度。患者のまぶたの特性やクリニックの施術法の違いなどによって、多少の施術時間の違いはあります。ただ、基本的には「あっという間」に終わると考えておいて良いでしょう。

施術直後から3日から程度は、比較的目立つ腫れが続きます。あわせて内出血が現れる人もいます。腫れが引いたらアイメイクも可能。まぶたの浮腫みが1週間ほど続くので、この間はアイメイクでしっかり隠しましょう。

浮腫みがとれると、いよいよ二重が姿を現します。施術から約1週間後くらいです。 その後少しずつ二重の形が変化していき、約1ヶ月後には、診察でドクターと打ち合わせたきれいな形に定着します。

埋没法(2点止め)の施術時の注意点

  • 1点留めよりも施術費用が少し高くなる

    施術する箇所が2カ所になる分、1点止めに比べて、糸の結び目が倍になるわけですから、当然ながらその分費用はかさみます。中には、術後の腫れや内出血を抑えるために特別な施術を行い、そのために費用が高くなるクリニックなどもあるのです。

  • 1点留めよりもダウンタイムが長く、違和感が強くなることも

    留める箇所が多くなると安定感は増しますが、その分だけ異物を体内へ入れて負担がかかるわけですから、術後の腫れや内出血、違和感などが大きく出る場合があります。1点留めよりもダウンタイムが長くなる傾向がありますから、注意が必要です。

  • まぶたの特徴によっては希望のラインにならないということ

    1点留めよりも2点留めの方が、まぶたの脂肪が厚めの人などは、イメージ通りの二重に仕上がらない可能性もあります。診察ではドクターの意見をしっかりと聞き、納得のうえで施術を決断するようにしてください。

【コラム】埋没法(2点止め)修正をするときって?

元の目の状態に戻る?

「二重の手術をしたのに、元に戻った」という話を聞くことがあります。せっかく手術を受けたのに元に戻ってしまっては残念なのですが、これは本当の話なのでしょうか?

残念ながら、埋没法の場合は、半永久的に二重が維持できるというわけではありません。中には10年以上も二重がキープされる例もあるようですが、一般に、埋没法(2点止め)の場合は3年から5年程度で崩れてしまうことが多いようです。

あるいは、二重が取れないまでも、ラインの幅が狭くなってきたり、浅くなってきたりすることもあります。 埋没法には2点止め以外にも、1点止めや3点止めなどがありますが、いずれもまぶたを糸で留めるという施術法。糸がだんだん緩んでくれば、やがて二重が崩れて元に戻ってしまうことは承知しておいてください。

少しでも二重を長持ちさせたいならば、2点止めよりも結び目の多い埋没法を検討してみましょう。

他の優良なクリニックはこちらから

ここ以外にも多数の実績を積んだ名医がいるクリニックは、他にもたくさんあります。下のボタンから移動できるページに、厳選した美容外科やクリニックを掲載していますのでご覧になってみてはいかがでしょうか。

二重手術の名医&クリニック
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.