眼瞼下垂手術(オープンアイズ法)【二重手術の名医ガイド】

眼瞼下垂手術(オープンアイズ法)の二重手術メニューや口コミ評判、
イチオシの名医を紹介しています。クリニックを探している方必見です。

HOME » どんな目になりたい?二重まぶたの整形術まとめ » 眼瞼下垂手術(オープンアイズ法)

 

二重まぶたの整形術まとめオープンアイズ法

眼瞼下垂を治療してクッキリした大きな目に!

もともとは大きくてパッチリした目の持ち主だったとしても、加齢や生活環境のなどが原因で、徐々に目尻のまぶたが垂れ下がってくることがあります。

この症状が眼瞼下垂(がんけんかすい)。眼瞼下垂になると、周囲には老けた印象を与えたり、眠そうな目の印象を与えたりなど、外見的に気になる症状が現れます。

眼瞼下垂にはいくつかの治療法がありますが、主なものが、まぶたを切開して筋肉を引き上げ、固定縫合する方法。

最近では、切開せずに糸を使って眼瞼下垂を治療するオープンアイズという手法も注目されています。

※下記は自由診療の料金となります。症状や治療法によっては保険適用となるため、事前に医師に確認してください。

25万円~55万円(片目) 40万円~95万円(両目)

どんな目になれる?

本来の自分の目を取り戻したい人は眼瞼下垂の治療を!

通常の二重整形などとは違い、眼瞼下垂の手術は「本来の自分の目」を取り戻す手術。

垂れ下がったまぶたの皮膚を切除したり、まぶたの緩んだ筋肉を引き上げたりすることによって、もともとパッチリとした目だった人はパッチリとした目を取り戻す、といった手術です。

眼瞼下垂は、突如として発症するものではありません。時間をかけて徐々にまぶたが垂れ下がっていく病気です。

したがって手術後は、周囲の目にも患者本人の目にも、急激に印象が変わったように感じられることでしょう。結果としては、目が大きくなる印象です。

そもそも眼瞼下垂って何?

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がってしまい、十分に目を開けることができない症状のこと。

眼瞼下垂を発症すると目尻の皮膚が下に垂れてくるため、周囲から眠そうだと感じられたり、目つきが悪く見られたリすることがあります。

具体的には、眼瞼挙筋という瞼の筋肉の衰えによって、目がきちんと開けられない状態のことを言います。

本人には、視界の偏狭、片頭痛、肩こりなどといった自覚症状があります。

ただ、一重で目が小さいからといって、眼瞼下垂とは限りません。眼瞼下垂の原因は様々です。

老人性の眼瞼下垂を筆頭に、先天性、外傷性、神経筋疾患、コンタクトレンズの影響などなど。

かつては高齢者に特有の症状といったイメージがありましたが、生活環境の変化から、最近では20代や30代、また子供の眼瞼下垂も見られるようになってきました。

眼瞼下垂手術(オープンアイズ法)の施術時間・ダウンタイム

オープンアイズ法は、日帰り手術となります。ただ手術当日は腫れが強く出るため、帰宅時に着用するサングラスなどの持参をおすすめします。

術後2日後から洗顔や入浴が可能となり、1週間後には抜糸します。抜糸の前後まで腫れが続くこともあるので、認識しておきましょう。

また内出血によってまぶたが青くなることもありますが、種々のまぶたの違和感は、おおむね1ヶ月程度で解消します。

コンタクトレンズの装着は、術後3週間程度から。ゴロゴロとした違和感があるようならば、さらに先送りしたほうが良いでしょう。

眼瞼下垂手術(オープンアイズ法)の施術時の注意点

  • 仕上がりにこだわりがあるならば自由診療で

    眼瞼下垂の治療には、保険が適用されます。ただし保険診療での手術になると、患者が希望する手術法や仕上がりが保証できないケースがあります。

    あくまでも視界不良や片頭痛などの、体調の問題を解消するための手術になるからです。術後の仕上がり、美しさにこだわるならば、オープンアイズ法などの自由診療で治療を受けたほうが良いでしょう。

  • 切開法の場合は手術痕が残る

    眼瞼下垂の治療では、まぶたを大きく切開します。二重のしわに沿って切開するなど、なるべく手術痕が残らないように手術がなされ、術後数ヶ月ほどで手術痕はほとんど目立たなくなります。

    ただ、いかに高度な治療法だったとしても、切開法を用いた場合、完全に手術痕が消滅するわけではありません。手術痕が気になる人には、メスを使わない治療法をおすすめします。

  • 再手術が必要になるケースもある

    まれではありますが、眼瞼下垂の手術後、再手術が必要となるケースもあります。「まぶたが十分に上がらない」「まぶたを閉じられないほど上がってしまった」「左右の目の大きさが違う」などの症状が出ると、場合によっては修正のための再手術を行ないます。

    眼瞼下垂の切開法には高度な技術力が必要なので、症例の豊富なクリニックを選ぶことをおすすめします。

 

眼瞼下垂手術(オープンアイズ法)が得意なクリニック

表参道スキン
クリニック

メスを使わない独自治療!二重整形の並行も

眼瞼下垂の治療は、一般的にはまぶたの切開を伴いますが、表参道スキンクリニックではメスを使わないオープンアイズ法を提供しています。

治療と同時に二重手術も行なうことができるので、オープンアイズ法で目を大きくするとともに、もともと一重だった人は二重にすることも可能。無料定期健診など、アフターフォローも充実しています!

公式サイトを見る

大塚美容外科

保険診療の症例が豊富な医師が執刀

ベテランドクターのみが在籍することで知られる大塚美容外科。眼瞼下垂の手術を担当するのは、保険診療での眼瞼下垂治療の症例を豊富に持つ実力派の医師ばかり。

ベーシックな部分に習熟したベテランドクターが、美容面という視点を加味して、美しさも兼ね備えた理想の目元へと仕上げていきます。眼瞼挙筋短縮法(自由診療)での治療となります。

公式サイトを見る

東京イセアクリニック

美容外科医が執刀する保険適用の手術

東京イセアクリニックでは、銀座院のみで眼瞼下垂治療を提供しています。治療法は保険適用の手術のみ。

執刀する医師の指名はできないものの、普段は美容外科医として「美しく仕上げること」を目的に施術を行なっているドクター。保険適用内の手術でありながら、美容外科医としての経験やセンスを活かした治療を行なっています。

公式サイトを見る
二重手術ができる美容外科
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.