切開法(部分切開)でどんな二重が手に入る?

切開法(部分切開)について紹介します。手術の特徴やどんなラインを作れるか、費用相場をまとめました。

HOME » どんな目になりたい?二重まぶたの整形術まとめ » 切開法(部分切開)

二重まぶたの整形術まとめ切開法
(部分切開)

埋没法と全切開の中間を取った仕上がりが特徴

埋没法では二重のラインがすぐに消えてしまう方などに、医師が切開法を薦めることがあります。

しかし「大きい傷が残るのはイヤ!」という場合、切開法の中でも全切開より傷口が小さい部分切開という方法を選択できます。その名の通り、まぶたを部分的に1センチほど切開して二重のラインを作る手術です。

ただし、全切開を行った場合よりも可能な処置は少なく、二重ラインは全切開ほど持続しません。費用やダウンタイムは全切開と同様にかかりますから、いっそのこと全切開してしまった方が良いのでは?というケースが多いのも事実です。

埋没法では難しいと言われる幅広の平行二重なども、複数個所を留めることで形成可能に。ただし、留める箇所が多くなればなるほど手術費用が高額になりますし、体への負担も切開法と同様に大きくなります。

12万円~13万円(片目) 24万円~25万円(両目)

どんな目になれる?

幅が広い平行二重でハーフのような顔立ちに

切開法はどうしても傷跡が残りますから、傷の部分を上手に二重のラインと重ねて隠すように仕上げます。そのため、二重のラインは幅が広い平行なスタイルになり、かなりパッチリとした派手な目元に仕上がります。

このタイプは、目元が大きくくぼんで、彫りが深い欧米人に多いタイプで、生まれつきこのような目の日本人はほとんどいないと言われています。

幅広の平行二重に仕上げると、目元はハーフや外国人のような雰囲気になり、すっぴんでもハッキリとした印象を与える、いわゆる「濃い顔立ち”」になります。

しかし、1センチほどの部分切開でキレイなラインが形成できるかどうかは、元々のまぶたの薄さなどとも関係しますから、部分切開を希望しても適応しない可能性があることも知っておきましょう。

「幅の広い平行タイプの二重」の代表的芸能人

大きくてクリクリしたネコ目は女性の憧れ!

大きくてまん丸の目の上縁に、クッキリと平行に刻まれた二重のラインが印象的な目元と言えば、歌手としても女優としても活躍しているS・Kさんを思い浮かべる方も多いはず。

ドラマや映画では、クールで小悪魔的な女性を演じることが多く、長い黒髪も相まって「クールビューティ」というイメージが定着しています。

S・Kさんの目元は、目尻が少し上がり気味で幅広の二重ラインが目力を強調する、いわゆる「ネコ目」。こじんまりとした和風の顔立ちとは一線を画し、日本人離れした洋風美人の雰囲気です。

このような目元は、可憐というよりは、どちらかというと妖艶でセクシーな印象を与えることも多いもの。そんなセクシーなネコ目は、女性の憧れのひとつでもありますね。

切開法(部分切開)の施術時間・ダウンタイム

部分切開の場合、術後の腫れは個人差がありますが、1週間程度続く人が多いそう。内出血も通常は1週間ほどで目立たなくなってくるようです。

内出血や腫れが完全になくなって二重のラインが落ち着くまでに、2週間から1ヶ月ほどかかると考えましょう。術後5日ほどで抜糸を行いますが、その後からは洗顔や湯船につかる入浴、アイメイクも可能。

コンタクトレンズなどは、術後2~3日は装着しないようにしましょう。

切開法(部分切開)の施術時の注意点

  • 二重のラインが消えてしまう場合がある

    埋没法よりは持ちがいいとされている部分切開ですが、全切開と比べれば二重のラインの持続性が弱いのが特徴。まぶたが厚めの方や脂肪の多い方、二重のラインが太い方などは、時間の経過とともにラインが消えてしまうことがあります。

  • 「まぶたがくぼむ」など見た目に伴う問題が起こる可能性も

    部分切開はまぶたの中央を切開してラインを作りますが、同時に腫れぼったいまぶたの原因となる眼窩脂肪を取り除くこともできます。しかし、部分的にしか切開できないため、加減を間違えると、まぶたの中央だけがくぼんでしまうことも。

  • 目が開きにくくなることもある

    部分切開で幅の太い平行二重のラインを無理に形成しようとすると、ライン下の部分のボリュームがそれまでよりも増し、目が開きにくく感じることがあります。このように、目の機能を左右する問題が発生してしまう可能性もゼロではありません。

切開法(部分切開)手術が得意なクリニック

聖心美容クリニック

カウンセリングで自分にピッタリの術法を提案してくれる!

聖心美容クリニックの切開法は、部分切開も全切開も同じ料金で受けられます。まぶたの脂肪の付き方や希望の仕上がりをカウンセリングでしっかり聞き取り、最も適している方法を提案してくれます。

費用は、両側の切開手術で税込324,000円。眼窩脂肪の除去を行う場合は、プラス8万円です。

公式サイトを見る

大塚美容外科

部分切開と埋没法を組み合わせたマイクロ切開法

こちらのクリニックでは、埋没法と切開による脱脂法を組み合わせた部分切開法を採用しています。希望の二重のラインに沿って2カ所糸で固定し、さらにラインの中央を3~5ミリ程度切開する方法です。さらに、切開した部分から眼窩脂肪の除去を行うこともできます。

公式サイトを見る

有楽町高野美容クリニック

極細の糸や独自の技術で安心&希望のラインやまぶたの状態に合わせて小切開と中切開を選べる!

有楽町高野美容クリニックの部分切開法は、傷跡が6~7ミリの小切開と10~11ミリの中切開という2種類から選択できます。どちらの場合も、溶ける糸で皮膚を固定する埋没法と併用して行われ、医師のカウンセリングで、どの手術法が適しているのかを決定します。

公式サイトを見る
二重手術ができる美容外科
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.