逆さまつ毛(逆さまつげ) | 【お悩み別】二重整形リサーチ

治療すると同時に二重を得られる逆さまつ毛治療。
ここでは逆さまつげの症状や治療法について調査しました。

HOME » 逆さまつ毛(逆さまつげ) | 【お悩み別】二重整形リサーチ
逆さまつ毛

目にまつげが入ってしまい、痛みや炎症の原因となってしまう逆さまつ毛。オシャレのために付けまつげやエクステンションをしたくても、逆さまつ毛があると上手くできません。そのうえ放っておくと症状が悪化して眼球に悪影響を及ぼす可能性も。

適切な治療を行なえば逆さまつ毛を改善するだけでなく、二重が手に入ります。ここでは原因や解消法についてまとめました。

まぶたの内側に入り込んでしまう逆さまつ毛とは

そもそも逆さまつ毛ってなに?

まつげは通常「外側」に向かって生えていますが、何らかの理由により「内側」に生えたものを逆さまつげと言います。症状がひどい場合は、まつげが眼球に刺さってしまい角膜や結膜を傷つけることも。そのままにしておくと、乱視や目の充血を引き起こす原因になります。先天性の症状として現れることがほとんどで、顔に脂肪の付きやすい人に多く見られるそうです。

逆さまつ毛の種類について

主な種類は、睫毛乱生(しょうもうらんせい)と眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)の2種類です。

睫毛乱生(しょうもうらんせい)
本来は外側に向かって生えるはずのまつ毛が、内側に向かって生えてしまう睫毛乱生。まつ毛が眼球にあたることで、角膜を傷つけてしまいます。症状によってまつ毛が目に入る本数が違うのが特徴。まぶた自体に問題はなく、まつ毛の「毛根」に起きた炎症の影響で生え方に異常が起こるのが原因とされています。
眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
まぶたが内側に入り込んでしまうことで、逆さまつ毛になってしまうのが眼瞼内反症。別名、睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)と呼ばれることもあります。原因は先天性と加齢性の2種類です。先天性の場合は、生まれつきまぶたの内側に厚みがある場合や、皮下脂肪が多い場合に逆さまつ毛に。加齢性の場合は、年齢とともにまぶたの皮膚がたるみ、眼輪筋(がんりんきん)が衰えることで起こりやすくなります。

逆さまつ毛になる原因

まぶた周辺の筋肉が発達していない
赤ちゃんによく見られる症状で、顔の筋肉が発達していない場合に起こります。まぶたが垂れ下がってしまうことで、まつげが内側へ。筋肉が発達することにより解消されることがほとんどなので、2~3歳ごろまでに治る人が多いです。それ以降も症状が出るようであれば、治療が必要でしょう。
まぶたの皮膚組織が湾曲している
大人の逆さまつ毛の原因とされているのが、皮膚組織の細胞の湾曲。成長する段階で異常が発生した場合に起こります。自然に治ることはほとんどないので、美容クリニックや眼科で治療を行う必要があります。
ケガの後遺症
目にケガをしてしまい炎症が起こると、まぶたが変形して瘢痕性(はんこんせい)の逆さまつげを招くことも。まぶたの向きが変わることで、まつ毛が内側に向かって生えてしまいます。

逆さまつ毛を解消する方法は?

逆さまつ毛を一時的に緩和するのではなく根本から解消する方法として、整形手術があります。

メスを使わない埋没法と永続的な効果が得られる切開法の2種類があり、症状の程度や上下どちらのまつ毛を治療するかによって適切な方法を選ぶことが可能です。逆さまつ毛治療の多くは二重を作ることでまつ毛が上を向かせるので、逆さまつ毛を解消するだけでなく二重が手に入るというメリットもあります。

また逆さまつ毛は「目を傷つける」という健康上の問題が生じる症状なので、自由診療だけでなく保険診療でも治療を行うことが可能です。自然な仕上がりにしたいなら美容クリニックでの自由診療、費用を抑え目へダメージをなくしたいなら保険診療など、希望に合った治療方法を選べます。

手術以外で逆さまつ毛を改善する方法は?

効果が長く続く整形手術で逆さまつ毛を治療するのが理想的ですが、費用やダウンタイムなどの理由から「手術以外の方法で改善したい!」と思う人もいるでしょう。ここではビューラーをはじめとした手軽な改善方法をご紹介します。

ビューラーを使う

痛みがなく最も簡単に改善できる方法はビューラーを使って逆さまつ毛を上向きにする方法です。

ビューラーを用意したら上まぶたを指で引き上げ、内側に入ってしまっているまつ毛を根元からしっかり挟みましょう。そのまま数秒キープしてまつ毛にクセをつけることで、簡単にまつ毛が上向きになります。

しかし他の解消方法に比べて持続力が低いのがビューラーの欠点。数時間経つと元に戻ってしまうので、ビューラーを持ち歩いてこまめに直す必要があります。

まつ毛にパーマをあてる

まつ毛にパーマをあててカールをキープする方法です。ビューラーだとこまめにまつ毛を持ち上げる必要がありますが、まつ毛パーマなら1ヶ月ほどカールが続くので面倒くさがりの人におすすめ。髪の毛と同じようなパーマ剤をまつ毛に塗りカールを癖付けします。カールの方法にはロッド式とビューラー式の2種類。逆さまつ毛の場合、より癖のつきやすい「ロッド式」を選ぶと効果が得やすいでしょう。

しかすまつ毛パーマは1回あたりの料金が4,000円なので、年間にすると48,000円ほどのコストがかかる点がネックかもしれません。

まつ毛を抜く

逆さに生えているまつ毛を抜いてしまえば、目に入って傷がつく危険性がなくなります。抜くときに多少の痛みはありますが、確実に逆さまつげを解消できる方法と言っても良いでしょう。

ただ注意すべき点も。うまく毛が抜けずに途中でちぎれてしまうとまつ毛の先が鋭くなり、眼球に強い刺激を与えてしまう可能性があります。まつ毛は抜いてもまた生えてくるので、毎回慎重に抜かなければなりません。逆さまつ毛が1本や2本の場合は良いですが、複数本ある場合は外部の刺激から目を守るというまつ毛の役割が失われてしまうこともあるので最適な方法とは言えないでしょう。

上・下別!逆さまつ毛を直す治療法

根本的な解決策として整形手術を受ける場合は、逆さまつ毛の症状が上まぶたと下まぶたのどちらに現れているかによって、治療法が異なります。ここでは上下別の治療法についてメリット・デメリットを含めてまとめました。

上まつ毛の逆さまつ毛を治す方法

埋没法

施術の特徴
逆さまつ毛の原因として最も多い一重の人におすすめの治療法です。まぶたを1~数か所糸で止めることで二重を作り出す埋没法。一重から二重にすることで、自然とまつ毛が上を向くように整えられます。逆さまつ毛を直すと同時に、パッチリ二重が手に入れることが可能です。
両目あわせて10~20分程度で施術が終了。日帰りでの治療なだけでなく、治療時に局所麻酔を行うため痛みも感じない、負担の少ない治療法です。また切開法と比べると術後の腫れを抑えることができます。糸を使った簡単な治療なので費用もリーズナブルです。
費用相場
保険診療:約1万1,000円
自由診療:約10万円

メリット

  • 逆さまつ毛の悩みを解決すると同時に二重にできる
  • メスを使用しない治療法なので、体への負担を最小限に留められる
  • 治療にかかる時間が数十分程度と短い
  • 局所麻酔をかけるので痛みがない

デメリット

  • 治療から3日はメイクができない
  • 目の周辺が腫れるダウンタイムの症状が1週間ほど続く
  • 腫れが悪化する可能性があるため、ハードな運動や飲酒、温泉などは腫れが引くまで控える必要がある
  • 時間が経つにつれて糸が緩むと、元に戻る可能性がある

切開法

施術の特徴
二重の人や、内側に深く入り込んだ重度の逆さまつ毛を改善したい人に向いている治療法です。
まつ毛の上にある皮膚にメスを入れて中にある組織を取り、縫合します。切開法は二重のラインとなる予定線の1~2cmほど切開する「ミニ切開法」と、予定線全体を切開する「全切開法」の2種類。仕上げたい二重の形で選択します。最大の特徴は効果が長く続くこと。切開することで傷が残りますが、二重のラインとして自然に見せることが可能です。また理想のラインを埋没法よりも作りやすい治療法です。
費用相場
保険診療:約2万円
自由診療:約15~30万円

メリット

  • 一度治療した後は、効果が長く続く
  • 二重のラインを自由に作りやすい
  • 埋没法だと治療が難しい人でも治療できる

デメリット

  • 埋没法よりも費用がかかる
  • 顔にメスを入れるため、傷跡が残る可能性がある
  • ダウンタイムが1ヵ月程度と、埋没法の倍以上かかる

下まつ毛の逆さまつ毛を治す方法

切開法

施術の特徴
成長するにともない自然と治ることの多い下まつ毛は乳幼児に多く見られる症状。しかし人によっては大人になっても残ってしまい、治療が必要になる場合もあります。
下まつ毛の場合は切開法での手術。上まつ毛と同じようにまつ毛が生えている部分のギリギリ下をメスで開いて中から原因となる組織を取り出します。まつ毛が逆を向いているのが一部分だけであれば、切開も最小限に。まつ毛の向きを正しくするためにまぶたの下にある瞼板を露出させて、下まつ毛の皮膚と癒着させながら縫合します。最後に皮膚同士を完全に縫合して、治療は終了。使用した糸を1週間後に抜糸しますが、まつ毛が逆さの状態に戻ることはありません。
費用相場
保険診療:約2万円
自由診療:約15~30万円

メリット

  • まつ毛を瞼板と癒着させるため、元の状態に戻る心配がない
  • 埋没法での治療が難しい二重の人、重度の逆さまつ毛の人でも受けられる

デメリット

  • 内出血や腫れなどの症状が現れるダウンタイムが1ヵ月ほどかかる
  • 傷跡が残る可能性がある
  • 医師の腕が悪いと二重のラインが不自然になる場合がある

埋没法の名医

表参道スキンクリニック・中西雄二医師

表参道スキンクリニックの統括医療部長を務める中西医師は、豊富な症例実績を誇るベテランドクター。1983年に藤田保健衛生大学医学部卒業後、大学助教授や複数のクリニックで研さんを積んできました。そんな中西医師は、日本形成外科学会と日本美容外科学会の専門資格を持つドクターで、美容外科学と形成外科学それぞれの最先端医療を取り入れた診療・施術を行なってくれます。

美容外科的手術だけではなく薬剤やアンチエイジング機器、美肌に関するさまざまな施術についての悩みや質問にも丁寧な説明を心がけている中西医師。インフォームドコンセントに十分な時間をかけ、無理のない施術を行なってくれます。

切開法の名医

ヴェリテクリニック・福田慶三医師

ヴェリテクリニックに在籍する福田医師は、1985年に名古屋大学医学部を卒業後、名古屋大学の形成外科教室に入局。その後アメリカでの外科研修で技術を磨き、国内でも複数の病院やクリニックで数多くの症例を手掛けてきました。

形成外科医と美容外科医の経験と実績を兼ね備えた福田医師は、日本形成外科学会認定医と日本美容外科学会(JSAPS)認定医などの資格を持つ腕の確かなドクター。特に二重手術や鼻整形、フェイスリフトなどを得意としています。切開法では、事前に患者とシミュレーションを行ない術後の仕上がりをチェックしたうえで施術。丁寧なカウンセリングを通じて施術方法を提案し、理想の二重を実現してくれますよ。

二重手術の名医を厳選紹介!

顔の印象を大きく左右する目。絶対に失敗したくないですよね。そのためにも、二重の整形手術をするクリニックは慎重に選ぶべき。次のページで、しっかりと実績のある名医がいるクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

腫れない&バレない!二重整形・二重手術の名医を一挙紹介! >>
二重手術ができる美容外科
 
Copyright © あこがれ二重を手に入れよう!二重整形の手術&クリニックを徹底リサーチ All Rights Reserved.